コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカザ(藜) アカザgoosefoot

翻訳|goosefoot

世界大百科事典 第2版の解説

アカザ【アカザ(藜) goosefoot】

食用のために栽培するアカザ科の一年草(イラスト)。芽心や若い茎葉が赤いのでアカザの名がある。赤みの目立たないシロザC.album L.(英名lamb’s‐quarters)は畑地や荒地の雑草で,好窒素植物として有名である。茎はよく分枝し,生長のよいものでは1.5mを超える。葉はひし形状の卵形(イラスト)で柔らかく白い粉をふく。花は8~10月に咲き,穂状の軸に密集する。花序は円錐花序。花被は小さく長さ約1mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android