コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C4植物 シーよんしょくぶつ C4-plant

4件 の用語解説(C4植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C4植物
シーよんしょくぶつ
C4-plant

光合成能率の高い特有の反応経路をもつ植物群。トウモロコシサトウキビなど,強光下で育つ重要な作物がこれに属するので,ことに熱帯地方などでの作物の光合成能率に関して,重視されている。光合成の高能率は,低濃度の炭酸ガスを有効に利用できるからで,これは葉肉細胞中で,リンエノルピルビン酸 (炭素C原子3個,C3 化合物) に炭酸ガスを固定してオキザロ酢酸,リンゴ酸,アスパラギン酸 (いずれも C4 化合物) にする酵素活性が強く,これら C4 物質が維管束細胞に入っていって,光合成のカルビン回路に炭素を与えるからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シーよん‐しょくぶつ【C4植物】

炭酸ガスが固定されて炭素数4個のオキサロ酢酸となり、C4ジカルボン酸回路でりんご酸アスパラギン酸を生じる植物。強い日射に耐えるように適応した植物。サトウキビトウモロコシなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

C4植物【シーよんしょくぶつ】

光合成における炭酸固定経路にC4ジカルボン酸回路を用いる植物。初期産物の炭素数が4であるためこう呼ばれる。イネ科,カヤツリグサ科,ヒユ科,アカザ科,オシロイバナ科,キク科など多様な系統に属する20科約1200種の植物が知られる。
→関連項目光合成

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

C4植物

光合成の際、カルビン回路とは異なる経路で炭酸固定する植物の総称。最初に炭素原子 4 個をもつオキサロ酢酸が生成される。トウモロコシ・サトウキビなど。C3植物に比べ、光合成速度が大きく、蒸散量は少ない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

C4植物の関連キーワード暗反応寄生植物光合成緑藻類脱アミノ反応光導波路光合成的リン酸化光リン酸化反応ヴァールブルク効果(光合成)ワールブルク効果(光合成)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

C4植物の関連情報