コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C4植物 シーよんしょくぶつC4-plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C4植物
シーよんしょくぶつ
C4-plant

光合成能率の高い特有の反応経路をもつ植物群。トウモロコシ,サトウキビなど,強光下で育つ重要な作物がこれに属するので,ことに熱帯地方などでの作物の光合成能率に関して,重視されている。光合成の高能率は,低濃度の炭酸ガスを有効に利用できるからで,これは葉肉細胞中で,リンエノルピルビン酸 (炭素C原子3個,C3 化合物) に炭酸ガスを固定してオキザロ酢酸,リンゴ酸,アスパラギン酸 (いずれも C4 化合物) にする酵素活性が強く,これら C4 物質が維管束細胞に入っていって,光合成のカルビン回路に炭素を与えるからである。また通常の植物 ( C3 植物) の光合成の際に著しい光呼吸──カルビン回路の中間産物が酸素で酸化されることにより,暗時よりも酸素消費が高まってしまう現象で,光合成系の漏れを示している──も C4 植物では低い。ほかにも,光飽和に達してしまう光量は C4 植物のほうが大きく,水分の蒸散速度は C4 植物のほうが低いなど,さまざまな有利な特性をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

C4植物【シーよんしょくぶつ】

光合成における炭酸固定経路にC4ジカルボン酸回路を用いる植物。初期産物の炭素数が4であるためこう呼ばれる。イネ科,カヤツリグサ科,ヒユ科,アカザ科,オシロイバナ科,キク科など多様な系統に属する20科約1200種の植物が知られる。
→関連項目光合成

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

C4植物

光合成の際、カルビン回路とは異なる経路で炭酸固定する植物の総称。最初に炭素原子 4 個をもつオキサロ酢酸が生成される。トウモロコシ・サトウキビなど。C3植物に比べ、光合成速度が大きく、蒸散量は少ない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

C4植物の関連キーワード光合成(こうごうせい)ハッチ‐スラック回路炭素同位体分別値カルビン回路光合成効率光合成速度C3植物炭素原子炭酸同化C₄植物リンゴ酸化合物生活型補償点C3

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android