コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハラ アカハラ Turdus chrysolaus; brown-headed thrush

5件 の用語解説(アカハラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカハラ
アカハラ
Turdus chrysolaus; brown-headed thrush

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。雄は顔と喉が黒褐色,背面は暗褐色。胸から腹は赤褐色だが,腹の中央から下尾筒は白い。雌は雄より全体に淡色で,喉に白色縦斑がある。サハリン島千島列島,日本の本州中部以北の山地と北海道で繁殖し,冬季は本州中部以西から中国南部,タイワン(台湾)フィリピンに分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

アカハラ

「アカデミック・ハラスメント」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アカ‐ハラ

アカデミックハラスメント」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アカハラ

ヒタキ科の鳥。体のわきが美しいだいだい色で,翼長12cmほど。サハリン,千島,北海道および本州中部以北の山地で繁殖し,本州中部以南で冬を越す。森林の樹枝上に枯草,コケ等で皿形の巣を作り,ミミズ,昆虫,果実等を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカハラ
あかはら / 赤腹
brown thrush
[学]Turdus chrysloaus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。樺太(からふと)(サハリン)、千島列島および日本の本州中部以北の落葉広葉樹林、アカマツ林、カラマツ林、針葉広葉混交林で繁殖し、冬はやや南下し、低地の林にすむ。全長約23センチメートル。上面、顔、のどは濃いオリーブ褐色で、胸とわきはオレンジ色。背、翼、尾は黒褐色、腹は白い。和名は、胸とわきのオレンジ色に由来する。林縁の樹上に巣をかけ、3~5個の卵を産む。食物は、秋の渡りのときには木の実などの植物質のものを、春と夏には昆虫、ミミズなど動物質のものをおもに食べ、冬には混食する。繁殖期には明るい林を好むので、避暑地などにも多くすみ、キョロンキョロンチリーという明るいさえずりを聞かせる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカハラの関連キーワード家雀紅雀茱萸黒鶫米食鳥モッキングバードすずめやツグミ(鶫)マネシツグミ(真似鶫)スズメ目

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカハラの関連情報