コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハラ Turdus chrysolaus; brown-headed thrush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカハラ
Turdus chrysolaus; brown-headed thrush

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。雄は顔と喉が黒褐色,背面は暗褐色。胸から腹は赤褐色だが,腹の中央から下尾筒は白い。雌は雄より全体に淡色で,喉に白色縦斑がある。サハリン島千島列島,日本の本州中部以北の山地北海道で繁殖し,冬季は本州中部以西から中国南部,タイワン(台湾)フィリピンに分布している。おもに明るい落葉広葉樹林や針葉樹林で繁殖し,地上で昆虫類ミミズを捕食する。秋冬季はやや暗い林に単独ですみ,木の実などもよく食べる。繁殖期には「きょろん,きょろん,ちりり」とさえずる(→さえずり)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

アカハラ

「アカデミック・ハラスメント」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

アカハラ

ヒタキ科の鳥。体のわきが美しいだいだい色で,翼長12cmほど。サハリン千島,北海道および本州中部以北の山地で繁殖し,本州中部以南で冬を越す。森林の樹枝上に枯草,コケ等で皿形の巣を作り,ミミズ,昆虫,果実等を食べる。キョロン・キョロン・ツィーとさえずる。なおイモリウグイのこともアカハラという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカハラ
あかはら / 赤腹
brown thrush
[学]Turdus chrysloaus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。樺太(からふと)(サハリン)、千島列島および日本の本州中部以北の落葉広葉樹林、アカマツ林、カラマツ林、針葉広葉混交林で繁殖し、冬はやや南下し、低地の林にすむ。全長約23センチメートル。上面、顔、のどは濃いオリーブ褐色で、胸とわきはオレンジ色。背、翼、尾は黒褐色、腹は白い。和名は、胸とわきのオレンジ色に由来する。林縁の樹上に巣をかけ、3~5個の卵を産む。食物は、秋の渡りのときには木の実などの植物質のものを、春と夏には昆虫、ミミズなど動物質のものをおもに食べ、冬には混食する。繁殖期には明るい林を好むので、避暑地などにも多くすみ、キョロンキョロンチリーという明るいさえずりを聞かせる。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカハラの関連キーワードacademic harassment鹿児島大歯学部卒業試験採点問題セクシュアル・ハラスメントアカデミック・ハラスメントクサカリドリ(草刈鳥)クロウタドリ(黒歌鳥)ラヌマファナ国立公園オガサワラガビチョウタスマニア自然保護区ヒメバチ(姫蜂)シロハラミズヘビシリケンイモリマミチャジナイウグイ(鯎)ディクディクニホンイモリ有力な方言井守・蠑螈アカコッコミドリガメ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカハラの関連情報