コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチルコリンエステラーゼ アセチルコリンエステラーゼ acetylcholinesterase

5件 の用語解説(アセチルコリンエステラーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセチルコリンエステラーゼ
アセチルコリンエステラーゼ
acetylcholinesterase

アセチルを省略してコリンエステラーゼということが多いが,体の中には2種類のコリンエステラーゼがある。そのうちアセチルコリンエステラーゼは神経組織や筋肉などに含まれている酵素で,副交感神経が興奮すると,その末梢に遊離されるアセチルコリンをただちに分解して,コリンと酢酸にしてしまい,神経系の刺激伝導に関係のある働きをする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アセチルコリンエステラーゼ(Acetylcholinesterase)

神経組織の情報伝達を担うアセチルコリン加水分解し、そのはたらきを阻害する酵素。コリンエステラーゼ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アセチルコリンエステラーゼ

 [EC3.1.1.7].AChEと略す.アセチルコリンをコリンと酢酸に加水分解する反応を触媒する酵素.中枢神経運動神経赤血球などに存在する.有機リン剤で阻害される.中枢神経伝達物質として分泌されたアセチルコリンを分解して刺激を解除する酵素とされる.この酵素を阻害すると縮瞳,痙攣,呼吸困難などを起こし,生命に危険がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アセチルコリンエステラーゼ【acetylcholine esterase】

赤血球,神経組織,網膜,胎盤やデンキウナギシビレエイなどの発電器官に存在する酵素。神経の刺激伝達に関与し,アセチルコリンを加水分解してコリンと酢酸を生成する反応を触媒する。 この反応によって,刺激伝達のために放出されたアセチルコリンは分解され新たな刺激に対応できるようになる。またアセチルコリンとレセプターとの結合,およびナトリウムイオンの透過性も調節される。酵素活性はきわめて高く神経活動の速さを十分に説明しうる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アセチルコリンエステラーゼ【acetylcholinesterase】

コリンエステラーゼの一。アセチルコリンを特異的に加水分解して失活させ、その興奮伝達作用を終了させる。阻害されると神経麻痺まひを起こす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセチルコリンエステラーゼの関連キーワード神経組織デンキウナギ赤血球形成赤血球増多赤血球溶血テスト大赤血球大赤血球症多赤血球症有棘赤血球赤血球(RBC、赤血球数)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アセチルコリンエステラーゼの関連情報