コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダン Adam, Adolphe-Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダン
Adam, Adolphe-Charles

[生]1803.7.24. パリ
[没]1856.5.3. パリ
フランスの作曲家。パリ音楽院で F.ボアエルデューに師事。コミックオペラ,バレエの分野で成功。 1849年パリ音楽院作曲科教授に任命された。その名声はフランスにとどまらず,ロンドンやベルリンからも依頼されてバレエ音楽を作曲した。作品ではオペラ『ロンジュモーの郵便馬車』 (1836) ,バレエ『ジゼル』 (41) が特に有名。

アダン
Adam, Paul

[生]1862.12.7. パリ
[没]1920.1.2. パリ
フランスの小説家。代表作は 1800~30年を扱う社会史小説の4部作『時と人生』 Le Temps et la vie (1899~1903) 。

アダン

タコノキ(蛸の木)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アダン

フランスの作曲家。アルザス出身のドイツ系作曲家L.アダン〔1758-1848〕を父にパリに生まれ,パリ音楽院(コンセルバトアール)で作曲家ボイエルデューに認められる。

アダン

タコノキ科の常緑低木。東南アジア,インド洋地域の熱帯〜亜熱帯に分布し,日本では吐【か】喇(とから)列島以南の沿海地にはえる。幹は斜上屈曲し,太い気根を出す。葉は線状披針形で長さ1〜1.5m,幅5〜7cm,革質で光沢があり頂生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アダン【screw‐pine】

熱帯の海岸に広く分布する木本性タコノキ科の植物(イラスト)。アダンの名は琉球の現地名にもとづく。木質の茎を有し,その基部近くからは,太く,分枝をしない気根を多数生じ,上部は二叉(にさ)状に多数の分枝を出す。茎の上部には長い線形の葉を3列のらせん状に密生する。葉は長さ0.9~1.5m,幅5~10cm,葉縁には鋸歯がある。雌雄異株で,雄株は,葉腋(ようえき)から黄白色の苞葉に包まれ,分枝した数個の棒状の肉穂花序を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アダンの関連キーワードトカラ列島県立自然公園ロマンティック・バレエアダン・ド・ラ・アルアダン・ド・ラ・アルアルス・アンティカ伊良部県立自然公園アダン, アドルフアドネ・ル・ロア宝島(鹿児島県)クローディオンボアエルデューアダン, ルイパンダナス台湾パナマトルベール多良間島ドリーブ佐藤文吾奄美諸島オカガニ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アダンの関連情報