コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノフェノール aminophenol

世界大百科事典 第2版の解説

アミノフェノール【aminophenol】

(化学式)フェノールベンゼン核についている水素原子をアミノ基-NH2で置換した化合物。ふつうはアミノ基が一つのものをさし,これにはo‐,m‐,p‐の3異性体が存在する。p‐体はフェノールとジアゾニウム塩の反応で生ずるp‐フェニルアゾフェノールをハイドロサルファイトNa2S2O4で還元して作る。(化学式)アミノフェノールは容易に酸化されてキノンになる。このため写真の現像液(ロジナール,メトールアミドールなど)として使われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミノフェノール
あみのふぇのーる
aminophenol

ベンゼン環にアミノ基-NH2と、ヒドロキシ基-OHをもつ化合物。o(オルト)m(メタ)p(パラ)の3種の異性体があり、いずれも対応するニトロフェノールの還元によって得られる。オキシアニリンともいう。
(1)o-アミノフェノール 昇華性の針状晶。酸化されやすく、空気中で褐色になる。水、エタノール(エチルアルコール)に可溶、エーテルに易溶、ベンゼンに難溶。合成染料の中間体となるほか、銀の定性分析、金の定量分析に用いられる。
(2)m-アミノフェノール 柱状晶。熱水、エーテル、エタノールに易溶、ベンゼンに難溶。アゾ染料の中間体。また抗結核剤p-アミノサルチル酸の原料となる。
(3)p-アミノフェノール 無色の板状晶。水、エタノールに可溶、クロロホルム、ベンゼンに不溶。銅()、鉄()などの金属イオンや亜硝酸の検出用試薬、金の定量試薬となるほか、写真の現像薬として用いられる。[山本 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アミノフェノールの関連キーワードアミノフェノール(データノート)ジアゾニウム塩ローダミン電解還元キノン染料

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android