アミ(英語表記)〈フランス〉ami(男性)/amie(女性)

百科事典マイペディアの解説

アミ

台湾原住民族(高山族)の一つ。東海岸低地に約9万人住む。社会組織母系制で,生業は稲,アワを中心とする農耕を営む。言語アミ語でインドネシア語系。

アミ

甲殻類アミ目アミ科とこれに近縁なものの総称。種類が多く,淡水域〜深海に広く分布。体長5〜20mm内外。形はエビやオキアミに似るが,甲は胸節の前方の3節をおおっているだけ。有柄眼を有し,胸脚は遊泳に役だつ大きい外肢が発達。イサザアミなどは佃煮(つくだに)にされ,ほかに釣りの撒餌(まきえ),魚の天然餌料として重要。
→関連項目アキアミ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アミ【Gilbert Amy】

1936‐
フランスの作曲家,指揮者。1954年にパリ音楽院に入学して作曲をミヨー,アナリーゼをメシアンに師事。その後バーゼル音楽学校でブーレーズに師事し,指揮を学ぶ。67年以降,ブーレーズの後を引きついで,パリのドメーヌ・ミュジカル(現代音楽コンサート)の音楽監督,指揮者となり,76年から新フランス放送フィルハーモニーの常任指揮者にも就任。シェーンベルク,ウェーベルンの十二音技法の影響を受けた作曲から出発したが,すぐにブーレーズの影響でミュジック・セリエルへと進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミ
あみ / 醤蝦
mysid

節足動物門甲殻綱アミ目に属する水生小動物の総称。イサザあるいはコマセとよぶ地方もある。体長は深海種のなかには10センチメートル以上に達するものもあるが、一般には1センチメートル内外である。元来はすべて海産であるが、海跡湖沼には淡水や汽水に適応した種が少数ながら知られている。沿岸、沖合い、浅海、深海など、あらゆる海洋環境に約750種が記録されているが、近年でも新種の記載が相次いでいる。日本近海からは約150種が知られており、そのうち淡水ないし汽水産のイサザアミNeomysis intermediaやニホンイサザアミN. japonicaなどのほか、海産のコマセアミAnisomysis ijimaiなども漁獲対象とされ、佃煮(つくだに)、塩辛(しおから)、飼料などにされるほか、釣りの撒き餌(まきえ)に利用される。また、自然界では魚類の天然餌料(じりょう)として重要な存在である。
 体形はエビ類によく似ているが、頭胸甲は第3胸節以降では胸節と融着しないこと、8対の胸脚は内外の両肢(あし)に分かれ、そのうち第1、第2対の内肢が顎脚(がっきゃく)に変形していること、尾肢(びし)の内肢に平衡胞をもつこと、雌は胸部の腹側に保育嚢(ほいくのう)をもつことなどによって区別される。卵は成体とほぼ同じ形態になるまで保育嚢中で発育し、母体が脱皮すると同時に外界に出て自由生活をする。保育期間は種類によって異なるが、温水性の種で4~5日、冷水性の種で2~3か月である。保育嚢を出て完全に成長するには1~数か月かかり、各体節の比率や形状、棘(きょく)数など成長の変化が多く、分類に際して注意が必要である。寿命は暖海のものでは数か月から1年、寒海や深海のものでは1.5~2年あるいはそれ以上と考えられる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アミの関連情報