アランフェス(英語表記)Aranjuez

デジタル大辞泉の解説

アランフェス(Aranjuez)

スペインの首都マドリードの南約40キロメートル、タホ川のほとりにある町。15世紀以降は王室避暑地として発展し、16世紀半ばには王宮の建設が始められた。王宮と、タホ川に沿って広がる広大な庭園は、2001年に「アランフェスの文化的景観」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アランフェス

スペイン中央部にある町。タホ川(テージョ川)のほとりにあるアランフェスは15世紀以来,王室の夏の避暑地として発展してきた。離宮の建設は16世紀半ばに始められ,以来,ベルサイユ宮殿をモデルにした改修などがあり18世紀に完成した。彩色タイルで壁と天井が覆われた陶磁器の間,島の庭園,王子の庭園など美しい景観が広がっている。ロドリーゴ作曲の《アランフェスの協奏曲》で知られる。2001年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アランフェスの関連情報