コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アランフェス Aranjuez

デジタル大辞泉の解説

アランフェス(Aranjuez)

スペインの首都マドリードの南約40キロメートル、タホ川のほとりにある町。15世紀以降は王室避暑地として発展し、16世紀半ばには王宮の建設が始められた。王宮と、タホ川に沿って広がる広大な庭園は、2001年に「アランフェスの文化的景観」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アランフェス

スペイン中央部にある町。タホ川(テージョ川)のほとりにあるアランフェスは15世紀以来,王室の夏の避暑地として発展してきた。離宮の建設は16世紀半ばに始められ,以来,ベルサイユ宮殿をモデルにした改修などがあり18世紀に完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アランフェスの関連キーワードジャン・リュック ポンティホール(Jim Hall)アタウルフォ アルヘンタエフゲニー・プルシェンコイサベル・ファルネセナルシソ イェペスアランフェス協奏曲アランフェスの王宮J. ロドリーゴパコ・デ・ルシアフェルナンド7世テージョ[川]ジム ホールアランフエスロドリーゴテージョ川ティエポロガルベスイエペスイェペス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アランフェスの関連情報