コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルクマン Alkman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルクマン
Alkman

前7世紀後半のギリシアの抒情詩人。リュディアのサルデイスの生れ現存する最古合唱隊歌の作者。スパルタで活躍。アルテミス女神をはじめスパルタの祭礼のための合唱隊歌,特に乙女歌 Partheneionが多い。ほかに賛歌,酒宴の歌,ホメロス吟唱のための序歌,鳥や馬の歌もあった。ヘレニズム時代にその作品は6巻に編集されていたが,断片のみ現存。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルクマン

前7世紀後期のスパルタの詩人。主として合唱用の祝婚歌,祝勝歌等を作る。現存するのは《乙女(おとめ)歌》という美しくはつらつとした詩のみ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルクマン【Alkman】

前7世紀後期スパルタで活躍した抒情詩人。生没年不詳。ラコニア地方(スパルタ周辺地方)の生れとも言われ,また小アジアサルディスの産とも伝えられる。元は奴隷であったが才能を認められ市民に加えられたという伝もある。古代において彼の詩集は6巻を満たしたと伝えられるが,中世写本として伝わらず,19世紀中葉までは古代文筆家たちによるわずかな引用によって知られるのみで,詩の構成や内容はほとんどわからない状態であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルクマン【Alkmān】

紀元前七世紀後半の古代ギリシャの抒情詩人。作品の知られる最古の合唱抒情詩人。少女たちのために作られた一〇〇行ばかりの合唱隊歌「乙女歌」の詩片などの断片が現存。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルクマン
あるくまん
Alkman

生没年不詳。紀元前7世紀後半のギリシアの叙情詩人。リディアの生まれとも、スパルタ人ともいわれる。スパルタで合唱詩人として活躍し、合唱叙情詩の形式を樹立した。6巻の詩集があったが、断片しか残っていない。自然や美に対する細やかな感受性、感情の機微を伝える繊細さなどから天成の詩人であったと思われる。100行近い断片『パルテネイオン』(乙女歌)は、彼を知るうえで重要である。[橋本隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルクマンの言及

【ギリシア文学】より

… 前7~前5世紀の諸都市における神々の祭祀や市民たちの冠婚葬祭の場もまた,各種の抒情詩文学の興隆と開花を促した。スパルタのアルクマンはアルテミス女神をことほぐ乙女たちの歌を,シチリア島ヒメラの詩人ステシコロスは抒情詩の形による叙事物語を,レスボス島の女流詩人サッフォーは情熱的な恋の歌を,おのおの地方色の濃い題材と方言とを織り交ぜながら歌っている。この時代の抒情詩文学においては,時と場所が課する要請と,歌い手の詩人自身の個性とが不可分の一体を成している場合も多く,アルカイオスのように政治と自分と酒の歌とが一つに歌われているものもある。…

【コロス】より

…英語のコーラスなどはこの語に由来する。現存する最古のコロス(歌)の歌詞は,前7世紀スパルタの詩人アルクマンが,乙女たちが歌う祭祀歌として作したものであるが,2連一組で同一の律形を繰り返す対応形式を示しており,2組の合唱隊が交互に同一の旋律に従って歌と舞踊を繰り返したと解釈するむきもある。伴奏楽器としては七絃の竪琴(たてごと)が用いられたと思われるが,合唱隊の人数は明らかではない。…

※「アルクマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アルクマンの関連キーワードギリシア文学コロス詩片

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android