アルゴス(英語表記)Argos

翻訳|Argos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴス
Argos

ギリシアのペロポネソス半島北東部のアルゴリス地方の中心都市。中期青銅器時代から人が住み,ミケーネ期に隆盛をみた。前 1100~1000年ドーリス人がここを基地に半島へ侵入したと推定される。前8世紀頃からスパルタと抗争,前 669年これを破って半島の度量衡を統一したが,スパルタの力が伸びるにつれて,アテネ,コリントテーベと次々に結んで対抗した。テーベが衰えるとマケドニアフィリッポス2世の支援を求め,前 229年にはアカイア連盟に加盟。前 146年のローマのコリント破壊で相対的に重要性を増し,アカイア連盟の中核となった。3世紀後半頃一時ゴート人に占拠されたが,ビザンチン時代には繁栄。 1204年フランク人のアカイア王国建設でアルゴスは衰退した。 14~15世紀にトルコ人に侵入され,住民はアルバニア人と入れ替わった。 19世紀のギリシア独立戦争で最初の自由議会がアルゴスに招集された。現在は人口が2万 2256 (1991推計) の都市。

アルゴス
Argos

ギリシア神話の怪力巨人。身体中に 100の目をもち,その半分が眠っても,残りの 50の目は目ざめていたという。アルカディア地方を荒した雄牛を退治し,その皮をはいで自分の衣服の代りにしたり,女怪エキドナを殺すなど,多くの手柄をあげたが,雌牛に変えられたゼウスの愛人イオ見張りをヘラに命じられたために,ゼウスに派遣されたヘルメスによって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アルゴス【Argos】

ギリシャ神話の怪物。首の後ろに第三の眼、あるいは前と背後に二つずつの眼、あるいは全身に多数の眼をもつ巨人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルゴスの関連情報