コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴス アルゴス Argos

翻訳|Argos

4件 の用語解説(アルゴスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴス
アルゴス
Argos

ギリシアのペロポネソス半島北東部のアルゴリス地方の中心都市。中期青銅器時代から人が住み,ミケーネ期に隆盛をみた。前 1100~1000ドーリス人がここを基地に半島へ侵入したと推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アルゴス
アルゴス
Argos

ギリシア神話の怪力の巨人。身体中に 100の目をもち,その半分が眠っても,残りの 50の目は目ざめていたという。アルカディア地方を荒した雄牛を退治し,その皮をはいで自分の衣服の代りにしたり,女怪エキドナを殺すなど,多くの手柄をあげたが,雌牛に変えられたゼウスの愛人イオの見張りをヘラに命じられたために,ゼウスに派遣されたヘルメスによって殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルゴス(Argos)

ギリシャ神話で、多くの目を持った王子の名》データ収集衛星システム。地上を動く物体につけた発信器からの電波人工衛星が受信し、その位置を追跡するもの。海流や動物の行動調査などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アルゴス【Argos】

ギリシャ神話の怪物。首の後ろに第三の眼、あるいは前と背後に二つずつの眼、あるいは全身に多数の眼をもつ巨人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゴスの関連キーワードエイレイテュイアディアナヒュギエイアボレアスギリシャ神話アモル《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)キローン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルゴスの関連情報