コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルノルフォ・ディ・カンビオ アルノルフォ・ディ・カンビオ Arnolfo di Cambio

3件 の用語解説(アルノルフォ・ディ・カンビオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルノルフォ・ディ・カンビオ
アルノルフォ・ディ・カンビオ
Arnolfo di Cambio

[生]1245. シエナ近郊
[没]1302? フィレンツェ
イタリアの建築家,彫刻家。ニッコロ・ピサーノの弟子として出発,ローマで彫刻家として活躍したのち,建築家としておもにフィレンツェに作品を残した。彫刻家としてはニッコロ・ピサーノによるシエナ大聖堂の説教壇の制作 (1265~68) に協力し,1268年頃師の工房を去り,77年ローマでアンジューシャルル1世に仕えた (その肖像彫刻カピトリーノ美術館にある) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルノルフォ・ディ・カンビオ

イタリアの彫刻家,建築家。パラッツォ・ベッキオサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂などフィレンツェのほとんどすべてのゴシック建築に参画した。彫刻家としてはニコラピサーノの跡を継ぎ,人体の豊かな量感と古典的な均整感を示す。
→関連項目サンタ・クローチェ教会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルノルフォ・ディ・カンビオ
あるのるふぉでぃかんびお
Arnolfo di Cambio
(1245ころ―1301/1302)

イタリアの建築家、彫刻家。美術家としてのデビューは、1265年にシエナ大聖堂の有名な説教壇を制作したニコラ・ピサーノの助手としてであった。さらに1266~1267年にボローニャのサン・ドメニコ聖堂で聖ドミニクスの墓碑の制作に師匠と協力、その後ニコラの工房から独立してローマに出たという。1276年には枢機卿(すうききょう)アンバルディの墓碑(ローマ、サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂)と教皇ハドリアヌス5世の墓碑(ビテルボ、サン・フランチェスコ聖堂)を相次いで制作している。1281年にはペルージアに招かれて、いわゆる『渇者の噴水盤』(フォンターナ・デリ・アッセターティ)の制作にあたったが、その後取り壊され、現在ではその断片が同市の国立ウンブリア美術館に所蔵されているのみである。1282年には枢機卿デ・ブライエの墓碑をオルビエトのサン・ドメニコ聖堂に制作。その後ローマのサン・パオロ・フォリ・レ・ムーラ(1285)とサンタ・チェチリア(1293)の両聖堂に天蓋(てんがい)付き祭壇を完成した。1296年にフィレンツェに帰り、パラッツォ・ベッキオの起工に関与するとともに、大聖堂造営の初期段階においてその監督にあたった。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルノルフォ・ディ・カンビオの関連キーワード組合せ階乗シエナ派ベッカフーミ没・歿勃・歿・没シエナ・ウインド・オーケストラシエナ花崗岩グイード・ダ・シエナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone