アワモリショウマ(泡盛升麻)(読み)アワモリショウマ(英語表記)Astilbe japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワモリショウマ(泡盛升麻)
アワモリショウマ
Astilbe japonica

ユキノシタ科多年草。近畿地方以西の本州,四国,九州の渓谷沿いの岩上に自生する。茎は高さ 25~60cm。葉は2~4回3出する複葉で,やや厚くて光沢がある。小葉披針形で先が鋭くとがり,縁に重鋸歯がある。5~6月,円錐花序に多数の白い小さな花をつけ,甘い香りを放つ。花弁は5枚で白く,へら形で長さ3~4mm,おしべと同長またはやや長く,裂片の約2倍の長さである。おしべは 10本。子房は上位で2心皮からなる。花が淡紅色の品種もあり,しばしば観賞用として庭に植えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アワモリショウマ【アワモリショウマ(泡盛升麻) Japanese astilbe】

渓谷沿いの岩上に自生するユキノシタ科の多年草で,花が淡紅色の品種もあって,しばしば観賞用として庭にも植えられる(イラスト)。和名は,白い小さな花が,泡が集まったようについているのにちなんで名付けられた。アワモリソウともいう。茎の高さは25~60cm,葉は2~4回3出する複葉となり,やや厚くて光沢がある。小葉は披針形で,先は鋭くとがり,ふちに重鋸歯がある。5~6月,円錐形花序に多数の小さな白い花をつけ,甘い香りを放つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android