アワモリショウマ(読み)あわもりしょうま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワモリショウマ
あわもりしょうま / 泡盛升麻
[学]Astilbe japonica (Morr. et Decne.) A. Gray

ユキノシタ科の多年草で日本の原産種。茎は50~80センチメートルで、さび色の短毛がある。根出葉は2回ないし3回3出で、葉柄は赤みを帯び、小葉は光沢があり、菱(ひし)状披針(ひしん)形で粗く鋭い鋸歯(きょし)がある。花は穂状花が集まって円錐(えんすい)花序となり、多数の小さい白花をつける。花期は5~6月。花壇用、鉢物用としてよくつくられ、半日陰地でも多少湿度の高い所でもよく育つ。2、3年植え換えなくてもよいように、株間30センチメートルくらいに植える。植え時は3~4月が適期であるが、9~10月中旬でもよい。鉢植えは6号鉢以上を用いる。繁殖は株分けによる。耐寒性は強いが、夏に白絹病が出やすく、アブラムシがよくつくので病害虫には注意を要する。[魚躬詔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android