コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチセンスRNA

2件 の用語解説(アンチセンスRNAの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アンチセンスRNA

 特定の遺伝子発現を抑制するRNAをいう.特定のRNAの塩基配列に相補的な配列をもつRNAで,天然では−鎖の転写で作られる.細胞内で作らせて特定の遺伝子の発現を阻害する目的で使われたり,in vitroではmRNAの定量にプローブとして用いられたりする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンチセンスRNA【アンチセンスアールエヌエー】

ある特定の機能を持つRNAの働きを阻害するRNAのこと。遺伝子の機能解析や,動植物品種改良遺伝子治療などに利用される。メッセンジャーRNA(mRNA)など,ある機能を持つRNA(センスRNA)と相補的な塩基配列を持ち,センスRNAと2本鎖を形成することで,そのセンスRNAが担うべきタンパク質の合成を阻害するといった働きを持つ。
→関連項目遺伝子導入動物人工遺伝子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

アンチセンスRNAの関連キーワード簡易言語コルヒチンsiRNA機能性RNAケミカルバイオロジー嫌酒薬アカルボース阻害指数ペンタデカン酸グリセリド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンチセンスRNAの関連情報