コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチセンスRNA

百科事典マイペディアの解説

アンチセンスRNA【アンチセンスアールエヌエー】

ある特定の機能を持つRNAの働きを阻害するRNAのこと。遺伝子の機能解析や,動植物の品種改良遺伝子治療などに利用される。メッセンジャーRNA(mRNA)など,ある機能を持つRNA(センスRNA)と相補的な塩基配列を持ち,センスRNAと2本鎖を形成することで,そのセンスRNAが担うべきタンパク質の合成を阻害するといった働きを持つ。遺伝子組換え食品への応用では,1994年から米国で市販されている,ペクチン分解酵素の発現を抑えて日持ちを良くしたアンチセンス・トマトで初めて実用化。HIVなどの病原ウイルスや癌の遺伝子の働きを抑えるアンチセンス医薬の開発などにも用いられている。→遺伝子工学バイオテクノロジー
→関連項目遺伝子導入動物人工遺伝子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる