コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナン アンナンAnnam

翻訳|Annam

4件 の用語解説(アンナンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンナン
アンナン
Annam

外国人が中部ベトナムを呼ぶのに用いた呼称,あるいはベトナム全土をさすこともあった。唐代の初め (679) ,中国が辺境統治のために用いはじめた名称で,現在のハノイに設置した安南都護府に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンナン

ベトナムをさす歴史的呼称で,唐初,この地方に置かれた安南都護府に由来する。またフランス領インドシナ時代の中部ベトナムをさす名称。ベトナム人自身はこの名称を使わない。
→関連項目グスク角倉了以琉球貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンナン【Annam】

ベトナムに対する外国人の呼称。またはフランス領インドシナ時代の中部ベトナムを指す。現在はまったく用いられない。北部ベトナムは前1世紀以来,中国の植民地になっていたが,唐にいたってこの地に安南都護府が置かれた。安南の呼称はこの都護府の名に由来する。10世紀のベトナム独立後も中国は19世紀にいたるまで安南国と呼びつづけ,周辺諸国もこれにならった。16世紀以降では絹と陶器の産地である北部ベトナムがアンナンとして,日本,ヨーロッパに知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンナン
あんなん / 安南
Annam

ベトナムに対する外国からの呼称。またはフランスインドシナ時代の中部ベトナムをさす。本来は南方の安寧を意味する中国語であるため、現在ではまったく用いられない。北部ベトナムは紀元前1世紀以来、中国の植民地になっていたが、隋(ずい)代に至って交州大総管府、続いて交州都督府が置かれた。唐はこの地に六都護府の一つとして、安南都護府を設置(679)し、現在の北部ベトナム全域から中部ベトナム北半までを所管とした。アンナンの名はこれに始まる。10世紀以降、ベトナムは独立して自らダイコベト(大瞿越(だいくえつ))、ダイベト(大越)、ベトナム(越南)、ダイナム(大南)を国号としたが、中国は19世紀までほぼ一貫してベトナム王を安南国王とし、その国家を安南国とした。このため周辺諸国もこれに倣い、アンナンの呼称が一般化した。
 とくに16世紀以降の南海交易の発展のなかで、絹と陶器の産地である北部ベトナムは、アンナンとして日本、ヨーロッパに記憶された。これに対し、広南朝(クアンナム朝)の拠(よ)った中部ベトナム以南はコーチシナ、広南とよばれた。19世紀に至って、阮福映(グエン・フク・アイン)がほぼ現在のベトナムの地を統一すると、以後その王国全体がアンナン帝国(王国)とよばれた。しかし1862年サイゴン条約によってフランスは南部ベトナムを切り離して直轄植民地とし、これをコーチシナ(交趾支那)とよんだ。さらに1884年フエ条約によって北部の施政権を奪うと、これをトンキン(東京)とした。この結果アンナン王国(越南)は中部ベトナムのみの地域呼称となり、1902年にインドシナ連邦中のアンナン保護王国として法定された。1945年、当時インドシナに駐留していた日本軍の対フランス・クーデターによって、ベトナム帝国が生まれるまでは、もっぱらこの意味で用いられることが多い。[桜井由躬雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンナンの関連情報