コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナン Annam

翻訳|Annam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンナン
Annam

外国人が中部ベトナムを呼ぶのに用いた呼称,あるいはベトナム全土をさすこともあった。唐代の初め (679) ,中国が辺境統治のために用いはじめた名称で,現在のハノイに設置した安南都護府に由来する。 1802年ユエ (順化) を中心にベトナムに君臨した阮朝が,中国から正式に越南王に封じられてからベトナムの称が始る。 19世紀後半にフランスの植民地支配下に入ると,フランスは国の呼称にアンナンの名を使用した。現在はまったく用いられていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アンナン

ベトナムをさす歴史的呼称で,唐初,この地方に置かれた安南都護府に由来する。またフランス領インドシナ時代の中部ベトナムをさす名称。ベトナム人自身はこの名称を使わない。
→関連項目グスク角倉了以琉球貿易

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンナン【Annam】

ベトナムに対する外国人の呼称。またはフランス領インドシナ時代の中部ベトナムを指す。現在はまったく用いられない。北部ベトナムは前1世紀以来,中国の植民地になっていたが,唐にいたってこの地に安南都護府が置かれた。安南の呼称はこの都護府の名に由来する。10世紀のベトナム独立後も中国は19世紀にいたるまで安南国と呼びつづけ,周辺諸国もこれにならった。16世紀以降では絹と陶器の産地である北部ベトナムがアンナンとして,日本,ヨーロッパに知られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンナン
あんなん / 安南
Annam

ベトナムに対する外国からの呼称。またはフランス領インドシナ時代の中部ベトナムをさす。本来は南方の安寧を意味する中国語であるため、現在ではまったく用いられない。北部ベトナムは紀元前1世紀以来、中国の植民地になっていたが、隋(ずい)代に至って交州大総管府、続いて交州都督府が置かれた。唐はこの地に六都護府の一つとして、安南都護府を設置(679)し、現在の北部ベトナム全域から中部ベトナム北半までを所管とした。アンナンの名はこれに始まる。10世紀以降、ベトナムは独立して自らダイコベト(大瞿越(だいくえつ))、ダイベト(大越)、ベトナム(越南)、ダイナム(大南)を国号としたが、中国は19世紀までほぼ一貫してベトナム王を安南国王とし、その国家を安南国とした。このため周辺諸国もこれに倣い、アンナンの呼称が一般化した。
 とくに16世紀以降の南海交易の発展のなかで、絹と陶器の産地である北部ベトナムは、アンナンとして日本、ヨーロッパに記憶された。これに対し、広南朝(クアンナム朝)の拠(よ)った中部ベトナム以南はコーチシナ、広南とよばれた。19世紀に至って、阮福映(グエン・フク・アイン)がほぼ現在のベトナムの地を統一すると、以後その王国全体がアンナン帝国(王国)とよばれた。しかし1862年サイゴン条約によってフランスは南部ベトナムを切り離して直轄植民地とし、これをコーチシナ(交趾支那)とよんだ。さらに1884年フエ条約によって北部の施政権を奪うと、これをトンキン(東京)とした。この結果アンナン王国(越南)は中部ベトナムのみの地域呼称となり、1902年にインドシナ連邦中のアンナン保護王国として法定された。1945年、当時インドシナに駐留していた日本軍の対フランス・クーデターによって、ベトナム帝国が生まれるまでは、もっぱらこの意味で用いられることが多い。[桜井由躬雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンナンの関連キーワードロード(Alessandro de Rhodes)クックフォン国立公園タルカ・サングラハジーン クレパンボーラウェン高原ゴ・ジン・ジエムトゥアンハイ省サバンナケートバーナーヒルズクアンガイ省ビンディン省角屋七郎兵衛ジャール平原クアンビン省コントゥム省荒木宗太郎カムラン湾阿倍仲麻呂ベンハイ川ジャライ省

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android