アンビバレンス(英語表記)ambivalence

翻訳|ambivalence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アンビバレンス」の解説

アンビバレンス
ambivalence

愛憎感情。個人の感情,志向において対立した方向性を同時に含む場合に用いられる。「向性」「相反性」「両 (二) 面価値」などと訳されているが,定訳はない。ドイツ語の Ambivalenzに由来し,E.ブロイラーが創始した用語であるといわれている。 S.フロイト本能が相反する傾向を同時にもつことを主張したが,その例としては,サディズムマゾヒズムがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「アンビバレンス」の解説

アンビバレンス

〘名〙 (ambivalence) 同じ対象について全く相反した感情が共存していることをさす心理学用語。好悪併存。両面価値

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アンビバレンス」の解説

アンビバレンス(ambivalence)

同一対象に対して、愛と憎しみなどの相反する感情を同時に、または、交替して抱くこと。精神分析の用語。両面価値。両面価値感情。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アンビバレンス」の解説

アンビバレンス【ambivalence】

同一の対象に対して相反する感情,とくに愛と憎しみが同時に存在している状態。両価性と訳される。このような状態を精神分裂病のおもな症状と考えたブロイラーの造語で,S.フロイトが借用し,必ずしも病的でない,さまざまな現象の説明に用いた。日本にも〈かわいさ余って憎さ百倍〉ということわざがあるが,われわれはある人を愛しているとき,意識しているにせよいないにせよ,同時に憎しみをももっているものである。たとえば,愛する人が死んだとき,われわれは自分を責めるものだが,それは他方ではその人を憎んでいて,その死を願っていたため,あたかも自分が殺したかのように感じるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android