コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イイギリ

百科事典マイペディアの解説

イイギリ

イイギリ科の落葉高木。本州〜沖縄,東アジアの暖地の山林中にはえる。樹皮は灰白色。枝は太く放射状に出る。葉は互生し卵円形。雌雄異株。4〜5月,枝先に円錐花序を下垂し,緑黄色花を多数開く。
→関連項目大風子油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イイギリ【Idesia polycarpa Maxim.】

日本の山野に自生するイイギリ科の落葉高木で高さ10~15m,直径1mになる(イラスト)。秋に紅熟した果実が多数,枝端からぶら下がる様子は美しい。樹皮は灰白色で平滑。葉は互生し,広卵形から卵状心形,基部は通常は心形,大きくて長さ8~20cm,ふちにまばらな鋸歯があり,放射状に5主脈または7主脈があり,葉の裏は灰白色で脈腋(みやくえき)に毛束がある。葉柄は長さ葉身とほぼ同長で,上端に2個の蜜腺がある。雌雄異株で,長さ10~20cmの円錐花序は枝端に生じ垂下する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イイギリ
いいぎり / 飯桐
[学]Idesia polycarpa Maxim.

イイギリ科の落葉高木で、大きなものは高さ20メートルになる。葉は互生して厚く、長い柄があり、卵状円形で先はとがり、基部はやや心臓形で粗い鋸歯(きょし)があり、長さ10~25センチメートル、幅8~20センチメートル、裏面はやや白い。雌雄異株。初夏に枝先に円錐(えんすい)花序を下垂し、多くの花をつける。花は緑黄色。雄花は5枚の花被片(かひへん)と多数の雄しべからなる。雌花は5枚の花被片と1本の短い柄のある雌しべからなり、柄の周りに多数の退化した雄しべがある。果実は秋に赤く熟し、球形の核果で径1センチメートル、多数が集まって下垂し美しく、庭木とされる。暖地の山中に生え、本州西部以南から沖縄、朝鮮南部、中国に分布する。名は、この葉で飯を包んだからとも、漢名の椅(い)の音に由来するともいわれる。材は柔らかく細工物に使われる。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イイギリの関連情報