コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェリコ(遺跡) イェリコ

百科事典マイペディアの解説

イェリコ(遺跡)【イェリコ】

ヨルダン西部,イェリコの北西の丘にある新石器〜青銅器時代の遺跡。現名テル・エッスルタン。前5000年ころの初期農耕民の集落で城壁や望楼が発見されている。土器をもたず石鎌・石棒等の農具のほか地母神崇拝の先駆と思われる女性土偶や家畜の泥像が出土している。
→関連項目新石器時代タルドノア文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android