コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェンセン イェンセン Jensen, Johannes Vilhelm

5件 の用語解説(イェンセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェンセン
イェンセン
Jensen, Johannes Vilhelm

[生]1873.1.20. ヒンメルラン,ファルセ
[没]1950.11.25. コペンハーゲン
デンマークの小説家,詩人,随筆家。 1944年ノーベル文学賞受賞。大学では薬学を学んだが,G.ブランデスの影響で文学に進んだ。『ヒンメルラン短編集』 Himmerlandsfolk (3巻,1898) でデビュー,大胆な筆致とおおらかな精神で 20世紀文学の旗手となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イェンセン(Johannes Vilhelm Jensen)

[1873~1950]デンマークの小説家。北欧新ロマン主義的作風。文化史小説「長い旅」が代表作。1944年、ノーベル文学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イェンセン

デンマークの作家。自然科学を学び科学文明の将来に大きな夢をもった。郷土の農村を描いた《ヒンメーランの物語》3巻(1898年―1910年)で出発,氷河時代からコロンブスの北米発見までの人類の歩みを描いた《長い旅》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イェンセン【Johannes Vilhelm Jensen】

1873‐1950
デンマークの詩人,作家。北ユトランドの故郷ヒンメーランの素朴で不屈な農民の姿を短編集《ヒンメーランの物語》(1898‐1910)にのこす。そして人類の数百万年にわたる進化論的歩みを雄大な筆致で物語る傑作《長い旅》(1908‐22)をのこした。新聞記者として世界旅行中,海上から富士山を望み,《フジヤマ》(1907)と題して〈最も幸せな体験〉を語るが,その新鮮な驚きをこどもの素朴な経験になぞらえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イェンセン【Johannes Vilhelm Jensen】

1873~1950) デンマークの小説家・詩人。代表作「ヒンメランの物語」「長い旅」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イェンセンの関連キーワードデンマークユトランド半島オーフスオールボースケーエンシュレスウィヒフューン[島]ダルガスフレゼリクスハウンユトランド種 (Jutland)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イェンセンの関連情報