コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン重合 イオンじゅうごう ionic polymerization

2件 の用語解説(イオン重合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオン重合
イオンじゅうごう
ionic polymerization

重合反応において,成長鎖がイオンである付加重合をいう。成長イオンカチオン (陽イオン) であるかアニオン (陰イオン) であるかによって,カチオン重合アニオン重合に大別される。カチオン重合の開始剤にはプロトン酸やルイス酸,アニオン重合にはアルカリ金属有機金属化合物が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオン重合
いおんじゅうごう
ionic polymerization

重合反応の一形式で、成長していく連鎖の末端がイオンであるものをいう。それがラジカル(遊離基)であればラジカル重合である。[垣内 弘]

カチオン重合とアニオン重合

成長末端イオンの種類によってカチオン(陽イオン)重合とアニオン(陰イオン)重合とに区別される。カチオン重合は、重合するビニル基に電子を押し込むような置換基(電子供与性基)の存在したときにおこる。たとえばビニルエーテルなどである。アニオン重合(陰イオンであるアニオンが反応の原動力となるイオン重合)は、電子受容性基をもつビニル化合物、たとえばアクリロニトリル、メタクリル酸メチルなどにおこりやすい。スチレン、ラクトン、エポキシ樹脂などはカチオン、アニオンの両方の重合が可能である。イオン重合はラジカル重合に比べて反応がおこりやすく、低温での重合が可能である。重合速度や重合度は、反応系の溶媒の極性(分子中で正負の極が偏る度合い)によって支配される。なお、電子供与性基と受容性基とは、ビニル化合物の二重結合の電子密着を大きくする基と小さくする基をいう。前者はOCH3やCH3など、後者は-CN-COOH、-COORなど。
 カチオン重合では広い意味の酸が、アニオン重合では塩基が触媒となり、いろいろな単量体(モノマー)との組合せで重合がおこる。しかし重合の停止ははっきりせず、重合終了時においても重合体末端に活性種をもっているリビングポリマー(比較的寿命の長いラジカルやイオンをもつポリマー成長鎖末端)をつくることが多い。また、少量の水や空気の存在は重合を妨害することが多々ある。[垣内 弘]
『高分子学会編『高分子機能材料シリーズ1 高分子の合成と反応1』(1992・共立出版) ▽井上賢三ほか著『高分子化学』(1994・朝倉書店) ▽青木俊樹ほか著『物質工学講座 高分子合成化学』(1995・東京電機大学出版局) ▽井上祥平著『化学新シリーズ 高分子合成化学』(1996・裳華房) ▽中条善樹著、井上晴夫ほか編『基礎化学コース 高分子化学1 合成』(1996・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイオン重合の言及

【重合】より

この場合R・で開始された反応の連鎖がS・へ移った形になるので,これを連鎖移動反応chain transfer reactionという。 開始剤から反応性の高いイオンが生じ,それによってひき起こされる付加重合もあり,イオン重合ionic polymerizationという。そのイオンがカチオン(陽イオン)であるかアニオン(陰イオン)であるかによって,それぞれカチオン重合,アニオン重合と呼ぶ。…

※「イオン重合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イオン重合の関連キーワードイオン反応解重合懸濁重合乳化重合ラジカル反応熱重合放射線重合重合油熱酸化重合塊状重合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone