コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロ Ilo

翻訳|Ilo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロ
Ilo

ペルー南部,モケグア県南西部の都市。アレキパの南約 150km,太平洋にのぞむ港湾都市で,アンデス山脈から流下するモケグア川の河口に位置する。同川沿岸の灌漑農業地帯に産するオリーブ,ブドウ,綿花などを積出すほか,隣接するタクナ県の大規模な銅鉱山の開発に伴って,その積出港として近年急速に発展,近くには銅精錬所も建設された。市内には魚粉,果実缶詰,オリーブ油などの工場がある。北東約 70kmの県都モケグアと鉄道,道路で結ばれるほか,東北東約 100kmにあるトケパラ銅鉱山地帯から鉄道が通じる。人口3万 4500 (1980推計) 。

イロ

日本音楽,演劇の用語。「色」の字をあてる。声楽の特定の音符またはある部分全体になんらかの装飾的技巧を加えること。種目によって相違があり,発声技巧である場合と,装飾的小旋律を伴う場合とがある。 (1) 声明 特定の音の引伸ばしに加えられる装飾的技巧で,旋律型としても扱われる。天台新義真言南山進流で若干異なる。 (2) 謡曲 (a) 「詞 (ことば) 」と「歌」との中間的な部分。ステともいう。 (b) 観世流ヨワ吟にある装飾的小旋律。譜では「イ」と示されるが,無視してうたわれることもある。 (3) 狂言 「詞」と「節 (ふし) 」との中間的な唱法。 (4) 幸若舞 詞から節にかかるときの短い句の部分。 (5) 義太夫節 「詞」を顕著な脚色を加えて発声したもので,「地」の同様なものは「地色」という。 (6) 一中節などの「色詞 (いろことば) 」は,一定の類型的旋律をもつ写実的な部分。 (7) 能装束用語としては,紅色を意味し,紅色以外の色があってもイロなしという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イロの関連キーワードマミヤイロチョウ(眉八色鳥)パイロットコーポレーションジャイロスタビライザームスタファー・カーミルアマゾン・ハイウェーオリバー ゴネチレケジャイロスタビライザマルコ アウレリオノーアイロンシャツスチームアイロンコールド・ランチジャイロコンパスカプロラクタムカイロ国際空港ジャイロ計器トケパラ銅山トケパラ鉱山自動操舵装置イロ(色)有償搭載量

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android