コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワイチョウ(岩銀杏) イワイチョウFauria crista-galli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワイチョウ(岩銀杏)
イワイチョウ
Fauria crista-galli

ミツガシワ科の多年草。本州中部地方から北海道,南千島を経て北アメリカ北西部に分布し,湿原に群生する。茎は高さ 20~40cmになり,数枚の根生葉を出す。葉は腎円形で径3~10cm,光沢があってやや厚く,葉縁には細かい鋸歯がある。花は7~8月に開き,花茎の頂に集散花序をつくる。花冠は白色で深く5裂する。花には,おしべが長く花柱が短い花と,おしべが短く花柱が長い花の2型がある。和名は岩場に生え,葉がイチョウに似るという意味であるが,生育地はむしろ湿原である。このため,ミズイチョウともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イワイチョウ(岩銀杏)の関連キーワードミツガシワ科

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android