コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワガニ イワガニ Pachygrapsus crassipes; rock crab

3件 の用語解説(イワガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワガニ
イワガニ
Pachygrapsus crassipes; rock crab

軟甲綱十脚目イワガニ科 Grapsidae。アブラガニとも呼ばれる。甲は幅 3.5cmほどの前方がやや開いた四角形で,黒色の地に側縁から内部に向かって多数の緑色の条線が走る。北海道南部から九州,大韓民国(韓国)の黄海沿岸までの岩礁海岸の満潮線付近にすみ,活発な動作でフナムシなどを捕食する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イワガニ

アブラガニとも。甲殻類イワガニ科のカニ。ふつう外洋に面した岩礁の満潮線付近にすみ,おもに海藻を食べる。紫黒色の地に緑の斜めの縞(しま)が走り,腹面は白色。甲長は3cm,甲幅は4cmくらい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワガニ
いわがに / 岩蟹
lined shore crab
[学]Pachygrapsus crassipes

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。地方によってはアブラガニともよばれる。北海道南部から九州、朝鮮半島沿岸の岩礁にごく普通にみられるが、アメリカ合衆国太平洋岸のオレゴン州からカリフォルニア半島にかけても広く分布している。この分布状態は甲殻類の分布型としては特異で、どちらかが原産地で、人為的に他方に運ばれたものと考えられる。甲幅約4センチメートルで、前方にやや広い四角形。甲の側縁から内方に斜めに走る条(すじ)が多数あり、眼窩(がんか)外歯の後方に深い切れ込みが一つある。額(がく)は幅が広くて板状。甲は緑褐色で、歩脚は暗褐色。岩の割れ目やくぼみに入り込んでいるが、干潮時には岩の表面を歩き回って餌(えさ)をあさる。藻類だけでなく、死んだ魚貝類なども食べ、またフナムシなども捕食する。かつては食用とした地方もあるが、近年では釣りの餌(えさ)として利用されることが多い。サンゴ礁原には甲幅5ミリメートルほどのヒメイワガニP. minutusが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワガニの関連キーワード軟甲類ベンケイガニ岩蟹蝲蛄沢蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イワガニの関連情報