コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスブルック Innsbruck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インスブルック
Innsbruck

オーストリア西部,チロル州州都。地名は「イン川の橋」の意。イン川の渡河点に位置し,ローマ時代からイタリアドイツ間のアルプス越えの南北交通路 (ブレンナー越え) の要地で,スイス-ウィーン間の東西交通路との交点にあたる。1239年都市権を獲得,1363年ハプスブルク家領となり,1420~1806年同家領チロルの首都として発展。1677年には大学も設置された。産業は織物,ガラスなどの工業もあるが,周囲を高山に囲まれた景勝の地 (574m) で,観光・文化都市としての性格が強く,夏の避暑,登山,冬のスキーなどの基地。市街の中心部はゴシック様式の家が並ぶ中世都市の景観をとどめ,その周囲にはバロック様式の町並みが広がり,繁華街マリアテレジア通りがある。旧市街の「黄金の小屋根」で知られるハプスブルク家の居館フュルステンブルク (1500頃) ,フランシスコ修道会聖堂 (1553~63) ,チロル民俗芸術博物館,州立博物館などみるべきものが多い。北部にはハーフェレカー (2334m) ,ゾルシュタイン (2641m) などがそびえ,壮大な展望が得られる。南郊には 1964年と 1976年の冬季オリンピックのシャンツェがある。人口 11万6881 (2006) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

インスブルック

オーストリア,チロル州の州都。イン川に臨む。アルプス越え交易路の要地にあり,中世以来商工業,文化の中心。繊維,食品加工,製靴,ガラス器具,鐘の鋳造などの工業が行われる。
→関連項目インスブルックオリンピック(1964年)インスブルックオリンピック(1976年)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インスブルック【Innsbruck】

オーストリア西部,チロル州の州都。人口11万8000(1991)。標高574m,ジルSill川がイン川に注ぐすり鉢状の谷間に位置し,北と南を2000m級の山々に囲まれた文教都市。地名と紋章はイン川にかかる橋にちなむ。南にブレンナー峠,西にアールベルク峠を控え,ヨーロッパを南北と東西に結ぶ十字路の交点にあたり,繊維,製材,食品,鋳鐘などの工業が栄え,地方経済の中心地となっている。カルクアルペン,シュトゥバイアー・アルペンStubaier Alpen,シーファーアルペンSchieferalpen,イン川本支流の渓谷に恵まれ,観光・スポーツのメッカとして知られ,第9回(1964),第12回(1976)の冬季オリンピック開催地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

インスブルック【Innsbruck】

オーストリア西部、チロル地方の観光都市。古来、ドイツとイタリアを結ぶアルプス越えの要所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インスブルック
いんすぶるっく
Innsbruck

オーストリア西部、チロール州の州都。人口11万3392(2001)。東アルプスを貫流するイン川の右岸にジル川が合流するあたりにつくられた扇状地上にあり、標高574メートル。南のブレンナー峠によりすでに中世から中部ヨーロッパとイタリアを結ぶ南北交通の要地となり、東アルプスの東西交通との交点にあることから、12世紀には都市の基礎がつくられ、インスブルック(「イン川にかかる橋」の意)の名がおこった。北にカルベンデル山脈、南に中央アルプスを望む優れた風景はアルプス都市の名にふさわしく、チロール地方の観光の中心地として内外の観光客を集めている。冬にはウィンタースポーツの基地としてにぎわう。国際会議、見本市の開催地であり、郊外には軽工業(光学、織物、皮革など)が立地する。市内にはアルトシュタット(旧市街)、民芸博物館、州立博物館、ハプスブルク家ゆかりの王宮と教会、マクシミリアン1世の「黄金の小屋根」、町並みを一望できる「市の塔」(15世紀)など、みるべきものが多い。総合大学(1669創立)、アルプスの高山植物や動物を集めたアルペン動物園もある。1964年、76年の2回、冬季オリンピックが開催された。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のインスブルックの言及

【チロル】より

…河川の豊富な水量は,チロルをオーストリアにおける重要な水力発電地帯にしている。スキーで有名なザンクト・アントンSankt Antonからチロル州の州都インスブルックに行く途中,車窓から望見できる氷河に輝くエッツタール・アルプスで有名なエッツタールÖtztalは,東アルプス最大の渓谷の一つであり,また古い民俗の宝庫としても知られている。 チロル州の住民の大半を占めるのは6世紀に北方から入ってきたバイエルン族であるが,南からはロマンス語系の人々,北西からはアラマンニ族が入り,その間に古来のケルト系の子孫と思われる人々が残存して,方言,服装,家屋,習俗は渓谷の多彩な景観と対応して,谷ごとに,村ごとに異なるとさえ言われている。…

※「インスブルック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インスブルックの関連キーワードインスブルックのオリンピックスキージャンプ台ハンス・ディートマール シュヴァイスグートインスブルックオリンピック(1976年)アルバート・ジョセフ・マリア デファントインスブルック・オリンピック冬季競技大会インスブルックオリンピック(1964年)ブルーノ・ヘルマン・マックス サンダーフェリックス・マリア エクスナーインスブルック古楽フェスティバルイナーマ=シュテルネックエリザベス ベルグナーマクシミリアン[1世]ヴィルヘルム エーマンシュテルネック イナマザンクトヤコプ大聖堂エリザベト ゲーグルシュルツェ=ゼルデI. ステンマルクシュトゥバイタールV.F. ヘス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インスブルックの関連情報