コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリン インスリン insulin

翻訳|insulin

7件 の用語解説(インスリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インスリン
インスリン
insulin

ホルモンの一種。膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌され,糖質の代謝に重要な役割を果す。 1921年に F.G.バンティングと C.H.ベストが発見し,34年に D.スコットが亜鉛添加によって容易に結晶化することを発見するに及んで,純度の高いインスリン製剤が広く供給されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インスリン

血液中に含まれる糖を体の細胞に取り込む働きをするホルモン。食事で血糖値が上がると大量に分泌される。治療で使うインスリン製剤は、遺伝子組み換え技術を使って人工的につくる。国内でインスリン治療をしている患者は80万~100万人といわれる。

(2009-10-16 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インスリン(insulin)

インシュリンとも》膵臓(すいぞう)ランゲルハンス島にあるβ(ベータ)細胞から分泌されるホルモン。体内組織における糖質脂肪たんぱく質核酸の合成・貯蔵を促す作用があり、特にぶどう糖の筋肉内への取り込みを促進させ、血糖を減少させる。不足すると糖尿病になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

インスリン

 膵臓ランゲルハンス島のB細胞が分泌するペプチドホルモンで,A,Bの2本の鎖からなり,各組織のインスリンレセプターに結合して,グルコースの取り込み促進,アミノ酸の取り込み促進,タンパク質RNADNAの合成促進,タンパク質分解の抑制などの広範な生理作用がある.これらの作用により,強い血糖抑制作用を示す.ヒト血液の正常値は2〜20μU/dl

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典の解説

インスリン

すい臓から分泌されるホルモンで、糖分を血液中から細胞の中に運び、血糖値を下げる働きがあります。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

インスリン【insulin】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インスリン
いんすりん
insulin

膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のβ(ベータ)細胞より分泌されるホルモン。インシュリンともいう。生体内において血糖を降下させる唯一のホルモンである。ヒトインスリンは、21個のアミノ酸からなるS-S結合を一つもつA鎖と、30個のアミノ酸からなるB鎖が、二つのS-S結合によって結び付けられた構造をもつ分子量5734のポリペプチドホルモンである。インスリンは多種の組織、器官でのさまざまな代謝に直接的、間接的な作用を示し、さらにほかのホルモンとも密接な関係を保ちながら、代謝の調節に重要な働きをしている。なかでも、とくに肝臓、筋肉、脂肪組織を主要な標的器官としており、種々の現象が認められる。
 このうち、酵素の誘導には数時間を要するが、その他の作用は非常に速やかに行われる。インスリン欠乏時には、多くの組織でブドウ糖の取り込みが低下し、肝臓でのブドウ糖放出量が増して高血糖状態、いわゆる糖尿病を引き起こす。その結果、細胞内はブドウ糖欠乏状態となり、エネルギー供給源としてタンパク質、脂肪に依存するようになるため、タンパク質からの糖新生、脂肪の異化が促進され、脂質異常症を引き起こし、血管系病変に基づいた数々の合併症をもたらす。
 インスリンの作用の仕組みについては解明されつつあるが、細胞膜表面に特異的な受容体が存在し、インスリンが結合することにより、その作用を発揮するものと考えられている。糖尿病の治療に用いるインスリン製剤は、効果の持続時間の差異により、レギュラー(速効性)インスリン、レンテ(中間型)インスリン、ウルトラレンテ(持続性)インスリンなどに分けられる。[川上正澄]
『葛谷健編『インスリン――分子メカニズムから臨床へ』(1996・講談社) ▽小林正編『インスリン療法マニュアル』第3版(2005・文光堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインスリンの言及

【インシュリン】より

…インスリンともいう。膵臓に散在する内分泌組織,ランゲルハンス島β細胞で生合成され,分泌されるホルモン。…

※「インスリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インスリンの関連キーワードランゲルハンス島膵臓移植インスリノーマ膵臓ホルモン膵島インスリン依存性糖尿病α細胞漿液細胞膵臓B細胞β細胞

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インスリンの関連情報