インスリン(英語表記)insulin

翻訳|insulin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルモンの一種。膵臓ランゲルハンス島のβ細胞から分泌され,糖質の代謝に重要な役割を果す。 1921年に F.G.バンティングと C.H.ベストが発見し,34年に D.スコット亜鉛添加によって容易に結晶化することを発見するに及んで,純度の高いインスリン製剤が広く供給されるようになった。インスリン製剤糖尿病特効薬である。現在,糖尿病に用いられる製剤を大別すると,(1) 血糖を低下させる作用は迅速であるが,効果の持続時間が短い正常インスリン,(2) 効果の発現は遅いが,長時間作用する持続インスリン,(3) 作用時間がその中間の中間インスリン,などがある。インスリンの含有量も 1ml 中に 20,40,80,100単位など各種のものがある。近年,ヒト由来インスリンも開発され,製剤としての純化は完了した。今後は超速効型,水溶性,持続型の開発に関心が高まっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

血液中に含まれる糖を体の細胞に取り込む働きをするホルモン。食事で血糖値が上がると大量に分泌される。インスリンの分泌や作用が十分でないと、血糖値が慢性的に高い状態の糖尿病になる。 逆に、インスリンが過剰になると意識障害や昏睡(こんすい)などを起こす危険がある。

(2017-03-08 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

栄養・生化学辞典の解説

 膵臓ランゲルハンス島のB細胞が分泌するペプチドホルモンで,A,Bの2本の鎖からなり,各組織のインスリンレセプターに結合して,グルコースの取り込み促進,アミノ酸の取り込み促進,タンパク質,RNA,DNAの合成促進,タンパク質分解の抑制などの広範な生理作用がある.これらの作用により,強い血糖抑制作用を示す.ヒト血液の正常値は2〜20μU/dl

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島のβ(ベータ)細胞より分泌されるホルモン。インシュリンともいう。生体内において血糖を降下させる唯一のホルモンである。ヒトインスリンは、21個のアミノ酸からなるS-S結合を一つもつA鎖と、30個のアミノ酸からなるB鎖が、二つのS-S結合によって結び付けられた構造をもつ分子量5734のポリペプチドホルモンである。インスリンは多種の組織、器官でのさまざまな代謝に直接的、間接的な作用を示し、さらにほかのホルモンとも密接な関係を保ちながら、代謝の調節に重要な働きをしている。なかでも、とくに肝臓、筋肉、脂肪組織を主要な標的器官としており、種々の現象が認められる。
 このうち、酵素の誘導には数時間を要するが、その他の作用は非常に速やかに行われる。インスリン欠乏時には、多くの組織でブドウ糖の取り込みが低下し、肝臓でのブドウ糖放出量が増して高血糖状態、いわゆる糖尿病を引き起こす。その結果、細胞内はブドウ糖欠乏状態となり、エネルギー供給源としてタンパク質、脂肪に依存するようになるため、タンパク質からの糖新生、脂肪の異化が促進され、脂質異常症を引き起こし、血管系病変に基づいた数々の合併症をもたらす。
 インスリンの作用の仕組みについては解明されつつあるが、細胞膜表面に特異的な受容体が存在し、インスリンが結合することにより、その作用を発揮するものと考えられている。糖尿病の治療に用いるインスリン製剤は、効果の持続時間の差異により、レギュラー(速効性)インスリン、レンテ(中間型)インスリン、ウルトラレンテ(持続性)インスリンなどに分けられる。[川上正澄]
『葛谷健編『インスリン――分子メカニズムから臨床へ』(1996・講談社) ▽小林正編『インスリン療法マニュアル』第3版(2005・文光堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四訂版 病院で受ける検査がわかる本の解説

基準値

8~11μU/mℓ

糖尿病などをチェック

 インスリンは、すい臓のランゲルハンス島のβベータ細胞から分泌されるホルモンで、グルコースからグリコーゲンへの生成を促進したり、組織での糖の利用を促進したり、蛋白質からの糖の新生を阻害したりして、血糖を低下させる役割をしています。

 このため、インスリンの量や作用が低下すると、血糖値が高くなって糖尿病になります。糖尿病では血糖(→参照)、尿糖(→参照)がスクリーニング(ふるい分け)として検査されますが、インスリンは75gブドウ糖負荷試験で、血糖と同時に測定されます。

 下のに示すように、糖負荷により血糖が高くなると、インスリンが分泌されて血糖を低下させるように働きます。

 75gブドウ糖負荷試験とはWHO(世界保健機関)が提唱する一定の方式で、14時間以上の絶食ののち、75gのブドウ糖(砂糖)の溶解液を飲んで、糖の処理機能が正常かどうかを調べる検査です。

 下の図のように、服用前、服用後30分、60分、90分、120分、180分にそれぞれ採血して(30分、90分、180分は省略することもある)、血糖値の変化、尿糖の変化、血液中のインスリンの分泌状態を調べます。

 糖尿病には、1型、2型と呼ばれる2つのタイプがあります。1型は、インスリンが欠乏しているタイプで、小児や若年者に多く、インスリンの産生が低下しているため、生涯にわたってインスリンを注射で補わなければなりません。

 これに対して、2型は成人や肥満の人に多く、インスリンが欠乏してはいないが、糖が多過ぎるためにインスリンの作用が十分に働かないタイプです。生活習慣病のひとつで、食事や運動療法によって糖の消費を促進することで、血糖値を低くすることができます。

■糖負荷試験における血糖値とインスリン活性の変化


検査値からの対策

 インスリンが高値あるいは低値の場合には、血糖、C-ペプチド、グリコヘモグロビン(→参照)などの種々の検査を行い、診断とともに適切な治療を開始します。

疑われるおもな病気などは

◆高値→肝疾患、肥満、インスリン自己免疫疾患、クッシング症候群、インスリノーマ、インスリンレセプターの異常など

◆低値→(1型)糖尿病、飢餓、副腎不全、下垂体機能低下症など

医師が使う一般用語
「アイアールアイ」=immunoreactive insulin(免疫反応性インスリン)の略IRI から。その他「インスリン」「インシュリン」

出典 法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」四訂版 病院で受ける検査がわかる本について 情報

化学辞典 第2版の解説

インシュリンともいう.ポリペプチドホルモンの一つ.膵臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌される.ウシ,ブタ,ヒツジなどの膵臓から抽出,精製すると結晶状に単離される.ウシのインスリンは分子量6×103 で,中性溶液中では会合する.結晶には亜鉛が微量含まれている.アミノ酸配列は1955年,F. Sanger(サンガー)により決定された.二つのポリペプチド鎖は-S-S-結合によって連結されている.A鎖は21個のアミノ酸,B鎖は30個のアミノ酸よりなる.アミノ酸の配列,構成は種により異なる.ヒトインスリンに比べてブタインスリンはB鎖の30番目のアミノ酸が異なるのみであるが,ウシインスリンはA鎖の8,10番目とB鎖の30番目のアミノ酸の3か所の相違があり,ブタインスリンがヒトインスリンに近い.血糖値の低下作用があるので,糖尿病の治療に用いられている.[CAS 106602-62-4][CAS 9004-10-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインスリンの言及

【インシュリン】より

…インスリンともいう。膵臓に散在する内分泌組織,ランゲルハンス島β細胞で生合成され,分泌されるホルモン。…

※「インスリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インスリンの関連情報