コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターフェース インターフェース

10件 の用語解説(インターフェースの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターフェース

コンピューターと周辺機器を接続するための規格や仕様、またはユーザーコンピューターなどを利用するための操作方法や概念のこと。ハードウェアでは、機器同士を接続するコネクターの規格を指す。ソフトウェアでは、プログラム間でデータをやり取りするために定められた仕様やAPIなどがある。人間がコンピューターを操作しやすくするための技術を、ヒューマンインターフェース、またはユーザーインターフェースと呼ぶ。パソコンでは、画面に表示されるメニューボタンキーボードマウスタッチパネルなどを使って操作するグラフィカル・ユーザーインターフェース(GUI)が採用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

インターフェース

コンピューターの本体が周辺機器を接続する時の接合面。一般にはシステム間でデータをやりとりする境界面を意味する。やりとりの取り決めをインターフェース規約という。ソフトウエアにおいても、サブプログラム相互間やメインプログラムとのデータ受け渡しのために、インターフェース規約を設ける。人間とのやりとりの接合面においては、音声や視覚による自然なコミュニケーションを可能とするためのヒューマンインターフェースが設けられる。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

インターフェース

通常、単にインターフェースという場合は、パソコンと周辺機器を接続するコネクタスロット、接続する規格といった、異なる2つの機器の接続部分をいいます。これとは別に、人間とパソコンの接点という意味もあります。例えば、キーボードやマウス、ディスプレイは「マンマシン(もしくはヒューマン)・インターフェース」、操作方法や操作画面は「ユーザー・インターフェース」と分類されます。
⇨コネクタ、スロット

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インターフェース(interface)

異なる種類のものを結びつけるときの共用部分。界面。接触面。
コンピューターで、機器やプログラムどうしをつなぐ装置、または部分。ハードウエアを接続するハードウエアインターフェースと、オペレーティングシステムアプリケーションソフトをつなぐソフトウエアインターフェースに分けられる。→ユーザーインターフェース

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インターフェース

二つ以上の異種のものを接続する場合の接続部分。通常,コンピューターと周辺機器を接続する際の転送手順や速度などの仕様のことをいう。代表的なものとしてマウスモデムとの接続に用いられる1ビットずつデータを転送するシリアルインターフェースや,プリンターハードディスクに多用される複数の接続線を用いて複数のビットを同時に転送するパラレルインターフェースが有名であるが,最近さらに高速,高機能なインターフェース規格が提案されている。
→関連項目Androidノートパソコン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カメラマン写真用語辞典の解説

インターフェース

interface。英語の語意は「仲介する」ということだが、デジタルカメラの場合は、パソコンやプリンタと接続するための規格を意味することが多い。 USBIEEE1394 などがそれ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

インターフェース

コンピュータと周辺機器といったものの情報のやり取りを仲介する接続部分のことをあらわす。「ハードウェアインターフェース」「ソフトウェアインターフェース」「ユーザインターフェース」の三つに大別できる。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

インターフェース【interface】

コンピューターと周辺機器などが接する部分の規格や仕様。互いに情報をやり取りできるように定められている。ハードウェア同士を接続するためのものを「ハードウェアインターフェース」、ソフトウェア間の通信のために定められたものを「ソフトウェアインターフェース」、人間(ユーザー)とコンピューター間に定められたものを「ユーザーインターフェース」といい、以上の3つに大別される。◇境界面・接点・接続部分の意から。略して「I/F」とも書く。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

インターフェース【interface】

コンピューター本体と各種周辺装置やコンピューターどうしを接続し、電気信号の大きさを調整したり、データの形式を変換したりして、両者間のデータのやりとりを仲介する回路や装置。また、人間がコンピューターなどの装置を円滑に使用できるようにするための媒介装置・操作手順。インタフェイス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターフェース
インターフェース
interface

相互接続条件,相互境界条件。相互に情報の授受を行なう二つ以上の構成要素の接続条件,またはその接続の部分。二つ以上の装置を連結するための連結装置 (または連結回路) をいう場合,二つ以上のプログラムによって使用される記憶装置の一部やレジスタ,また二つのプログラムやシステムをつなぐためのソフトウェアをいう場合などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインターフェースの言及

【プログラミング言語】より

…これはオブジェクト指向でない強い型の言語には見られない性質である。
[インターフェース]
 クラスの仕様の互換性のためには,実装の継承は必要条件ではない。このため,仕様のみを定めるインターフェースと呼ばれるモデュールを用意し,それが定める型の変数にはその仕様と互換性のある任意のオブジェクトを格納できるようにすることで,実装の継承関係にないクラス群にまたがった動的分配を行え,より柔軟なプログラム設計が可能となる。…

※「インターフェース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インターフェースの関連キーワードGP-IBシリアルポートデイジーチェーン内部バスファイバーチャネルポートホットプラグコネクターウルトラSCSIUSBポート

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インターフェースの関連情報