コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インタールード interlude

翻訳|interlude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インタールード
interlude

幕間 (まくあい) 狂言。ルネサンス期の宮廷で愛好されたコミカルな寸劇。宴会の一晩の余興番組のなかにはさまれて演じられた短い道化芝居インテルメッソ intermessoから派生したもので,これが長い劇の幕間に挿入されるようになり,イタリアでは主として牧歌劇の間に演じられる音楽的なインテルメッツオ intermezzoやインテルメジオ intermedioとなり,フランスの笑劇アントレメ entremetsの発生に影響を与えた。スペインでは,同様の起源から,歌や踊りで終るコミカルなエントレメス entremésが生じ,やがて独立した一幕喜劇へと発展した。イギリスのインタールードは,中世の奇跡劇や道徳劇とエリザベス朝喜劇とを結ぶ過渡的形態で,中世演劇教訓性,寓話性が薄れ,写実的な色彩が強かった。インタールードを独立した短い世俗劇へ発展させた最初の劇作家は,J.ヘイウッドである。チューダー朝には宮廷おかかえの国王のインタールード座 Players of the King's Interludesがあり,宮廷や貴族の館の宴席でヘイウッドの作品などを演じた。しかしメアリー女王時代には人気が落ち,エリザベス朝の 1580年を最後に消滅した。作品としては,ヘイウッドの『4人のP』 The playe Called the foure P. P.が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インタールード(interlude)

15世紀にイギリスで生まれた演劇の一種。それまでの道徳劇の説教じみたところをなくしたもの。
間奏。間奏曲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

インタールード【interlude】

ルネサンス期イギリスにおける演劇形式のひとつ。元来,2人ないしそれ以上の少数の役者の間interで演じられる劇ludusとすると,宴会のコースの間あるいは劇の幕間に演じられる劇とする説の,二通りの解釈があるが,ふつう後者の意味をとって〈間(あい)狂言〉と邦訳される。一般に世俗的,喜劇的,笑劇的な性格をもち,王侯貴族の宮殿邸宅で演じられた。ただし,中世道徳劇の系譜を継ぐ〈道徳劇インタールード〉と称すべき,倫理的,道徳的な教訓を含む作品もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

インタールードの関連キーワードセチュアンの善人インテルメッツォイギリス演劇ナンカロウ宮廷劇場一種説教

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インタールードの関連情報