コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インタールード インタールード interlude

翻訳|interlude

3件 の用語解説(インタールードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インタールード
インタールード
interlude

幕間 (まくあい) 狂言。ルネサンス期の宮廷で愛好されたコミカルな寸劇。宴会の一晩の余興番組のなかにはさまれて演じられた短い道化芝居インテルメッソ intermessoから派生したもので,これが長い劇の幕間に挿入されるようになり,イタリアでは主として牧歌劇の間に演じられる音楽的なインテルメッツオ intermezzoやインテルメジオ intermedioとなり,フランスの笑劇アントレメ entremetsの発生に影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

インタールード(interlude)

15世紀にイギリスで生まれた演劇の一種。それまでの道徳劇の説教じみたところをなくしたもの。
間奏。間奏曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

インタールード【interlude】

ルネサンス期イギリスにおける演劇形式のひとつ。元来,2人ないしそれ以上の少数の役者の間interで演じられる劇ludusとする説と,宴会のコースの間あるいは劇の幕間に演じられる劇とする説の,二通りの解釈があるが,ふつう後者の意味をとって〈間(あい)狂言〉と邦訳される。一般に世俗的,喜劇的,笑劇的な性格をもち,王侯貴族の宮殿や邸宅で演じられた。ただし,中世道徳劇の系譜を継ぐ〈道徳劇インタールード〉と称すべき,倫理的,道徳的な教訓を含む作品もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インタールードの関連キーワードマサッチオ野外劇ルネサンスカロリングルネサンス四大発明ダンスリールネサンス合奏団平井正穂《イギリスにおける労働者階級の衛生状態》《イギリスにおける労働者階級の状態》ルネサンス演劇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インタールードの関連情報