コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド語派 インドゴハ

百科事典マイペディアの解説

インド語派【インドごは】

インド・ヨーロッパ語族に属する語派の一つ。古層ベーダ語)はイラン語派と酷似している。ミタンニ文書に含まれるインド語は,この派の一部が前1500年ごろに小アジアにいたことを証明する。インダス川流域よりインドに侵入したアーリヤ人はベーダ聖典を最古の文献とするが,これと古典サンスクリットとの間には方言差がある。中期インド語(パーリ語を含むプラークリット語)が母体となって,ヒンディー語ベンガル語マラーティー語ウルドゥー語シンハラ語ネパール語パンジャービー語などの近代語の諸方言が成立した。ジプシーの言葉も北西インド方言に由来する。→インド・イラン語派
→関連項目カシミール語ヒンドゥスターニー語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドごは【インド語派 Indic】

インド・ヨーロッパ語族の一語派。この語派は前10世紀をさかのぼると推定される《リグ・ベーダ》から現代のインド・アーリヤ諸語に至る長い歴史と膨大な量の文献をもち,この語族の比較研究にもっとも重要な位置を占めている。その古層であるベーダ語は,隣接するイラン語派のもっとも古い文献である《アベスター》の言語とあらゆる点で類似が著しいので,このインド,イランの両語派は先史時代に一つのまとまりをなしていたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インドごは【インド語派】

インド-ヨーロッパ語族の一語派。古代インドのベーダ語・サンスクリット語から中期のプラークリット諸語へとつながり、現在はヒンディー語・ウルドゥー語・ベンガル語などインドを中心に分布している諸言語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

インドごは【インド語派】

インドヨーロッパ語族の一語派。この語派の最古層にあるベーダ語イラン語派アベスタ語と近縁で、両派の話し手がアーリア人と自称していたことから、インドアーリア語派とも呼ばれる。歴史的には、複雑な屈折語であるベーダ語が規範化されたサンスクリット、民衆の言葉として広がったプラークリット諸語(アショーカ王の碑文(ひぶん)、パーリ語などとして残る)などをへて、現在では、各国の公用語であるヒンディー語(インド)、ウルドゥー語(パキスタン)、ネパール語(ネパール)、ベンガル語バングラデシュ)、シンハラ語(スリランカ)をはじめ、パンジャーブ語グジャラート語、カシミール語、ビハール語、アッサム語など多くの言語に分かれ、南部をのぞくインド亜大陸全域に分布している。ヨーロッパ各地で話されるロマーニ語もこの語派に属する。◇インドアーリア語派ともいう。

出典 講談社世界の主要言語がわかる事典について 情報

世界大百科事典内のインド語派の言及

【インド】より

…この種族の言語はインド・アーリヤ語といわれ,歴史的にベーダ語,サンスクリット語,諸プラークリット語,諸アパブランシャ語などの段階を経てしだいに分化し,10~13世紀ころには今日の北インドの主要な民族語を生み出すこととなった。ヒンディー語,ベンガル語,マラーティー語などがそれで,それぞれ数百万人から1億人の話者人口をもち,全人口の73%を占める(インド語派)。 インド亜大陸にはこのように,5系統の種族が次々と移動して来て,あるいは通過し,多くはそこに定住して,相互に影響を及ぼし合った。…

【ベーダ語】より

…インド・ヨーロッパ語族のインド語派の最古層の言語。イラン語派の古いアベスター文献の言語とは,英語とドイツ語よりさらに近い関係にある。…

※「インド語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インド語派の関連キーワードインドヨーロッパ語族・インドインド・アーリヤ諸語ラージャスターン語マラーティ語リグ・ベーダパハーリー語ロマーニー語パンジャブ語カフィル諸語オリアー語パシュト語

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android