コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィッチャリー ウィッチャリー Wycherley, William

3件 の用語解説(ウィッチャリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィッチャリー
ウィッチャリー
Wycherley, William

[生]1640. シュロップシャー,クライブ
[没]1716.1.1. ロンドン
イギリスの劇作家。王政復古期喜劇の代表的作者。王党派の富裕な家庭に生れ,少年時代フランスで教育を受け,フランス文化に親しむ。 1660年,王政復古直前に帰国し,オックスフォード大学に入学,次いでロンドンの法学院に学ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウィッチャリー【William Wycherley】

1640‐1716
イギリス王政復古期の風習喜劇の代表作家。フランスに留学後,オックスフォード大学に学ぶ。処女作《森の中の恋》(1671初演),次いで《紳士の舞踏教師》(1672初演)を発表。もっとも有名な第3作《田舎女房》(1675初演)は,性的不能者を装って世間の夫たちを油断させ,人妻を誘惑する男を主人公として,当時の社交界の乱れた男女関係を赤裸に描写したもので,卑猥との非難もうけた。最後の作品はモリエールの《人間嫌い》をもとにした《率直な男》(1676初演)で,社交界の偽善を激しく風刺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィッチャリー
うぃっちゃりー
William Wycherley
(1640ころ―1715)

イギリスの劇作家。オックスフォード大学に学び、ついで法学院に入ったが、チャールズ2世の宮廷の雰囲気になじんで、文学活動を始めた。1671年、処女戯曲『森の中の恋』を発表。続いて『紳士の舞踏教師』(1673)、『田舎(いなか)女房』(1675)、『率直な男』(1677)を書く。いずれも当時の社交界の風俗を風刺的に描いた作品で、王政復古期喜劇の典型だが、他の作家のものに比べると骨太で雄々しく、モリエールの影響が認められる。人生の醜悪な面を直視することが特徴だが、とりわけ『田舎女房』は、性的不能者を装って人妻を犯し続ける男を主人公とし、大胆な描写で注目された。後半生は貧困のため不遇。作品活動も低調で、わずかに詩を書いて若年の詩人A・ポープに添削を求めたことで記憶される。[喜志哲雄]
『笹山隆著『ドラマと観客』(1982・研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィッチャリーの関連キーワードエピローグオトウェーコングリーブシェリダンシバーファーカー風習喜劇ベタートンバンブラー復古王政

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone