コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソンサイクル Wilson cycle

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルソンサイクル【Wilson cycle】

(1)中央海嶺における大洋底の生成,(2)海底大陸の水平移動,(3)海溝に沿う海底の沈み込みsubductionと島弧の活動,(4)大陸と大陸の接近・衝突と褶曲(しゆうきよく)山脈の形成のそれぞれは,現在の地球上では異なった場所で起こっているが,長い地質時間の間には一つの地域においても,これらはプレート運動のサイクルの一環として繰り返して発生すると考えられる。このサイクルはプレートの運動状態が海底の記録から復元できる過去2億年間ばかりでなく,古生代またはそれ以前(2億年以前)の地質現象にもあてはまる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィルソン‐サイクル(Wilson cycle)

地質時代を通じて、大陸の分裂や合体、海洋底の拡大と消滅が繰り返されること。カナダの地質学者T=ウィルソンにより提唱。かつて存在した超大陸パンゲアロディニアは、この繰り返しの過程で形成されたと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ウィルソンサイクルの関連キーワード超大陸分裂・再形成活動地質時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android