ウィンクラー(Josef Winckler)(読み)うぃんくらー(英語表記)Josef Winckler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンクラー(Josef Winckler)
うぃんくらー
Josef Winckler
(1881―1966)

ドイツの作家。歯科医として働くかたわら、1912年、文学同人結社「ハウスニューラント職能人同盟」を設立。『鉄のソネット』(1914)などの詩集で世に出たが、本領は故郷ウェストファーレンの風土に深く根ざした小説にある。とくに代表作『気違いボンベルク』(1923)は諧謔(かいぎゃく)味豊かな現代の悪者小説(ピカレスク小説)として好評を博し、50万部を超えるベストセラーとなる。その他ナポレオンの末弟ジェロームを描いた歴史小説『ウェストファーレンの王』(1933)、ベートーベンの生涯の一挿話による『アデライーデ』(1936)など。第二次世界大戦後は郷土の雑誌の編集にも従事。53年ドロステ・ヒュルスホフ賞を受賞した。

[青木順三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android