コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンクラー ウィンクラー Winckler, Johannes

5件 の用語解説(ウィンクラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンクラー
ウィンクラー
Winckler, Johannes

[生]1642.7.13. ゴルツェルン
[没]1705.4.5.
ドイツの敬虔主義者。ライプチヒで学んだのち,テュービンゲンのホルシュタイン・ゾンデルブルク侯の宮廷付き教師 (1668~71) ,ハンブルクで副牧師 (71) ,各地で牧会に従事したのち,ハンブルクの主任牧師となる (84) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウィンクラー
ウィンクラー
Winckler, Josef

[生]1881.7.6. ホプステン
[没]1966.1.29. ベンスベルク
ドイツの詩人,小説家。初めボンで医学を学び,歯科医となる。文学集団「ハウス・ニュラント勤労者集団」を主宰。叙事詩『神の迷宮』 Irrgarten Gottes (1922) が有名。喜劇的小説にも才能を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィンクラー

ドイツの無機化学者。1873年フライブルク鉱山大学化学教授。ガス分析法を開拓。1886年ゲルマニウムを発見。ほかにインジウムニッケルコバルトなどの金属や,接触法による硫酸製造についての研究がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンクラー【Clemens Alexander Winkler】

1838‐1904
ドイツの化学者。鉱山町フライベルクに生まれ,コバルト顔料工場を経営する父の実験室で鉱物分析を身につけ,さらにこの地の鉱山大学に学ぶ。精錬業に従事したのち,1873年この大学の化学教授となる。1865年,発見されてまもない新元素インジウムについて詳しい研究をおこなった。86年フライベルク産の銀鉱石から新元素を発見し,ゲルマニウムと命名。これはD.I.メンデレーエフによって予言された元素であることがただちに認められ,周期律を確証するものとなった。

ウィンクラー【Hugo Winckler】

1863‐1913
ドイツのアッシリア学者,考古学者。ベルリン大学教授。1903‐04年の2シーズンにわたって,シドンにおいて古代のフェニキアの都市遺跡の発掘に従ったのち,当時学界の注目を集め始めていたボアズキョイの発掘権を得て,06‐07年の間,同地の都城の遺構の発掘を行った。ボアズキョイは,旧約聖書のヘテ人すなわちヒッタイト民族に関係の深い遺跡らしいとして,問題になり始めていたのであるが,ウィンクラーは発掘に取りかかるや,直ちに大量の粘土板を得,しかもその一部は,彼の熟知するアッカド語で記されていたので,間もなくこの遺跡が,まさにそのヒッタイト人の王国の首都ハットゥサにほかならないことを見きわめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウィンクラーの言及

【ヒッタイト】より

…その一方,1887年,エジプトで〈アマルナ文書〉が発見され,ヒッタイト王スッピルリウマがエジプト王にあてた書簡やその他の外交文書から,前14世紀ヒッタイトが北シリア,アナトリア一帯を領有する一大勢力であったことが明らかになった。そして1906年,ドイツのアッシリア学者H.ウィンクラーは,トルコの首都アンカラの東約150kmにあるボアズキョイに隣接する都市遺跡の発掘に着手,06‐07年,11‐12年の発掘で,1万枚を超す粘土板を発見した。出土した粘土板の多くはヒッタイト語であったが,その解読は16‐17年にかけ,チェコのB.フロズニーによって行われた。…

※「ウィンクラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィンクラーの関連キーワードアッシリア学ベルリンボッタ西ベルリン東ベルリンベルリンタワーベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ヘルツフェルト《アッシリア学誌》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンクラーの関連情報