ウィンダウス(英語表記)Windaus, Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンダウス
Windaus, Adolf

[生]1876.12.25. ベルリン
[没]1959.6.12. ゲッティンゲン
ドイツの有機化学者。 1899年フライブルク大学で学位取得後,同大学,次いでインスブルック大学を経て,ゲッティンゲン大学教授 (1915) 。ステロール研究,特に,コレステロールの構造,シイタケのエルゴステロール紫外線を当ててビタミン D2 ができることを発見。ホルモンの研究,強心薬ジギタリスの成分研究などの業績がある。 1928年ノーベル化学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンダウス【Adolf Windaus】

1876‐1959
ドイツの有機化学者。伝統ある職人の家系に生まれ,初め医学を学ぶが,やがてE.フィッシャーに学んだ有機化学に興味をもち,天然物有機化学に転向した。1913年インスブルック大学医化学教授,15年O.ワルラハを継いでゲッティンゲン大学教授。主としてステリン類とビタミンの研究で成果をあげ,28年ノーベル化学賞を受けた。生体内で,デヒドロコレステロールがビタミンDに変化することを証明したり,エルゴステリンが紫外線の作用でビタミンDのような作用をもつ物質に変化することを見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウィンダウス【Adolf Windaus】

1876~1959) ドイツの化学者。ステリン類など複雑な有機物を研究。エルゴステリンが紫外線によりビタミン D に変化することを発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンダウス
うぃんだうす
Adolf Windaus
(1876―1959)

ドイツの有機化学者。12月25日ベルリンに生まれる。ドイツのフライブルク大学、さらにベルリン大学に学び、フィッシャーの門下生となった。フライブルク、インスブルックなどの大学で教鞭(きょうべん)をとったあと、1915年から1944年までゲッティンゲン大学の教授であった。ステリン類とビタミンとの関係について研究し、エルゴステリンに紫外線を照射するとビタミンD作用をもつ物質が生ずることを発見した。コレステリンの構造に関する研究は性ホルモン研究の基礎になった。また、心臓薬ジギタリスの研究もある。1928年ノーベル化学賞を受賞。1959年6月9日ゲッティンゲンで死去した。[宇佐美正一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android