コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーゼ

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーゼ【Leopold von Wiese】

1876‐1969
ドイツの代表的な社会学者。1904年ベルリン大学で教授資格取得。09年テンニース,ジンメル,M.ウェーバーらによってドイツ社会学会が設立されたさいにこれに参加,草創期におけるドイツ社会学の基礎を築いた。ハノーファー工科大学教授を経て,14‐35年ケルン大学教授。彼が同大学において創始し編集長をつとめた《ケルン社会学四季報》(戦後《ケルン社会学・社会心理学雑誌》と改題)は,現在にいたるまでドイツで最高の権威ある社会学の学術誌として認められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーゼ
うぃーぜ
Leopold von Wiese
(1876―1969)

ドイツの社会学者。経済学の研究から出発したが社会学に転じ、ベルリン大学講師を経て1919年ケルン大学教授になり、経済学と社会学を担当するかたわら『ケルン社会学四季報』を編集、ドイツ社会学の発展に寄与した。自由主義者のゆえにナチスに追われ、アメリカに亡命したが、第二次世界大戦後は西ドイツに帰国し、上記の雑誌を『ケルン社会学雑誌』の名で復刊し、ドイツ社会学会の会長にも就任した。基本的にはジンメルの形式社会学の立場を継承しながらも、さらにトマスやロスの影響も受け、この影響のもとにジンメルの理論の思弁性とあいまい性とを批判し、経験主義的な立場から社会学の理論的な体系化に努力した。そして社会を、社会過程社会関係社会形象(けいしょう)の三つの基本概念を基礎として分析し、関係学としての社会学の体系を樹立した。主著に『社会学 その歴史と主要問題』(1926)、『一般社会学体系』(1933)がある。[居安 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウィーゼの言及

【社会関係】より

…彼は社会の過程的・機能的側面を重視して,個々の人間関係に現れる心理的作用の様式(心的相互作用seelische Wechselwirkung)を論じた。社会関係の概念を最も重視し,詳細に展開したのはL.ウィーゼである。彼は人間相互の行動様式を分析して,社会関係の結晶体としての社会形象soziales Gebildeを論ずると同時に,社会関係の機能的なものとしての社会過程sozialer Prozessを論じた。…

※「ウィーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーゼの関連キーワードスペリー(Roger Wolcott Sperry)ベッカー(Howard Paul Becker)サイモン・ウィーゼンタール・センターケーニヒ(René König)ウィーズの式(ガソリン)現実科学としての社会学オクトーバーフェストラスロ・ チャタリウィーゼンタールヴィーゼンタールシュトラウプシュトゥンプヒューベル社会名目論文化社会学杉原 千畝ミュンヘンヴィーゼル光吉 夏弥レラッハ