コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルター ウォルターWalter, Hubert

5件 の用語解説(ウォルターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルター
ウォルター
Walter, Hubert

[生]?
[没]1205.7.13. ケント,タインハム
イギリスの聖職者,政治家。国王リチャード1世に従い十字軍に従軍。カンタベリー大司教,大法官となり,国王がドイツで捕われたとき国政を指導,身のしろ金の徴収に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォルター
ウォルター
Walter, John

[生]1739. ロンドン?
[没]1812.11.16. ミドルセックス,テディントン
ロンドン・タイムズ』の創刊者。初め石炭商人として成功したが,1781年投機で失敗し,翌 82年に印刷業に転じた。 84年に古い印刷所を買い,図書の印刷に従事していたが,85年1月1日『デーリー・ユニバーサル・レジスター』紙を創刊,88年1月1日に『タイムズ』と改題。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォルター
ウォルター
Walter, Theobald; Butler

[生]?
[没]1205
イングランドジョンの側近。 1185年にアイルランドに渡る。オーモンドバトラー家の祖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォルター
ウォルター
Walter, Thomas Ustick

[生]1804.9.4. アメリカフィラデルフィア
[没]1887.10.30. アメリカ,フィラデルフィア
アメリカの建築家。 1819年,W.ストリックランド事務所に入り,28年独立。フィラデルフィアの監獄 (1828) ,負債者監獄 (31) ,ジラード・カレッジ (33) などを設計したのち,ヨーロッパへ一時旅行し,帰国後ワシントン D.C.アメリカ国会議事堂の新館と鋳鉄製の大ドーム (51~65) を設計して著名となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォルター
ウォルター
Walter, John

[生]1776.2.23. ロンドン
[没]1847.7.28. ロンドン
イギリスの印刷業者。ウォルターの次男。長兄ウィリアムから 1802年『タイムズ』の経営を引継ぎ,『タイムズ』を名実ともに世界の一流新聞に発展させた。 T.バーンズや J.ディレーンらの一流ジャーナリストに健筆をふるわせ,14年には蒸気機関による輪転機印刷に踏切った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウォルターの関連キーワード稲毛重成畠山重保アテネ公国105ウオークラリーから常連組航空大学校帯広分校訓練機墜落事故畠山重忠平賀朝雅熊谷寺イーベイン北条時政

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォルターの関連情報