コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウズラシギ ウズラシギCalidris acuminata; sharp-tailed sandpiper

2件 の用語解説(ウズラシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウズラシギ
ウズラシギ
Calidris acuminata; sharp-tailed sandpiper

チドリ目シギ科。全長 22cm。冬羽では頭上,背面が赤褐色黒褐色の斑があり,胸腹部は白色の地に褐色の小斑がある。夏羽では,顔および胸腹部に黒褐色の斑が密になり,かなり目立つ。ユーラシア大陸東部・高緯度地域に繁殖分布し,インド東南アジアオーストラリアニュージーランドで越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウズラシギ
うずらしぎ / 鶉鷸
sharp-tailed sandpiper
[学]Calidris acuminata

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。アジア大陸北東部で繁殖し、冬は南へ移動、赤道を越えて南半球まで渡るものもある。日本には旅鳥として春と秋に普通に渡来する。全長約21.5センチメートル、翼長約13センチメートル。頭上は赤褐色、背は褐色で黒い縦斑(じゅうはん)がある。夏羽では顔、頸(くび)、胸、わきは黄褐色で、黒く円い斑や三日月斑が密にある。冬羽では顔や胸の円い斑はなくなり、不明瞭(ふめいりょう)な黒い縦斑がある。海岸に近い水田やハス田、入り江、川岸の水たまりなどにすむが、大群はつくらない。胸を張った姿勢で歩き、動物質の餌(えさ)をとる。春の渡りのときには、日本でも求愛動作や交尾が観察されている。プリリリと小声で鳴く。アメリカウズラシギC. melanotosは北アメリカ大陸で繁殖し、日本には少数が旅鳥として渡来、胸の縦斑が明瞭である。ヒメウズラシギC. bairdiiも同じくアメリカ産で、日本にはまれに旅鳥として渡来、ウズラシギより小さく黄褐色みが強い。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウズラシギの関連キーワード坂本美紗季徳田妃咲胡桃館(くるみだて)遺跡アオバズク円盤投げカッコウ(郭公)キジ(雉/雉子)クマエビタイラギドブネズミ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone