コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワエビ ウチワエビ Ibacus ciliatus

4件 の用語解説(ウチワエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチワエビ
ウチワエビ
Ibacus ciliatus

軟甲綱十脚目セミエビ科 Scyllaridae。体長約 15cm。体は紫赤色。背腹は著しく扁平で,頭胸甲と第2触角は特に幅広い。房総半島以南,フィリピンまで分布し,水深 100m以浅の砂泥底に生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウチワエビ

甲殻類ウチワエビ科のエビ。体は扁平で,団扇状。頭胸甲は板状に広がり側縁は鋸歯(きょし)状。前縁に近く1個の深い切れ込みがある。第2触角の一部も板状に広がる。色は紫色を帯びた赤褐色で,体長は20cmに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウチワエビ【Ibacus ciliatus】

体長20cmに達する甲殻綱ウチワエビ科のエビ(イラスト)。体はその名にふさわしく,著しく扁平である。頭胸甲と第2触角の輪郭はほぼ円形で,周縁に多数の突起がのこぎり状に並ぶ。頭胸甲には前側角から斜めに深い切れ込みがあり,前後に分かれるが,前部の前縁に8~10歯,側縁に1~5歯,後部の側縁に10~12歯がある。雌は第5脚に小さなはさみをもつが,雄では不完全なはさみである。赤褐色ないし紫褐色で,尾扇部は黄褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウチワエビ
うちわえび / 団扇蝦
[学]Ibacus ciliatus

節足動物門甲殻綱十脚目ウチワエビ科に属するエビ。体長20センチメートルに達する。房総半島以南に分布し、水深70~250メートルの砂泥底にすむ。黄海、フィリピン近海、オーストラリア東岸からも記録され、食用とされているが、いずれの海域でも市場に出回るほど多くない。体は背腹に著しく扁平(へんぺい)で、とくに頭胸甲と第2触角は幅が広く、周縁は鋸歯(きょし)状に刻まれている。頭胸甲は前側角から斜め後方に深い切れ込みがあり、その前葉の前縁に8~10歯、側縁に1~5歯、後葉の側縁に10~12歯がある。近縁のオオバウチワエビI. novemdentatusでは、頭胸甲の後葉側縁の歯が6~7である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウチワエビの関連キーワードクマエビクルマエビシバエビタイショウエビ団扇海老虎海老沼海老蝉海老アカザエビ(藜蝦)セミエビ(蟬蝦)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウチワエビの関連情報