ウツボグサ

百科事典マイペディアの解説

ウツボグサ

シソ科の多年草。北海道〜九州,東アジアの日当りのよい草地にはえる。高さ20〜30cm,葉は対生,長卵形で柄がある。6〜7月,の頂に靭(うつぼ)に似た花穂をつけ,濃紫色の唇形(しんけい)花を密につける。花冠は長さ1.5〜2cm。夏になると花穂は枯れて黒くなる。これを夏枯草(かこそう)といい利尿剤にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウツボグサ【Prunella vulgaris L.ssp.asiatica (Nakai) Hara】

山や野原の道端や草地に生えるシソ科の多年草(イラスト)。和名は,花序の形を矢を入れる(うつぼ)に見たててつけられた。茎は基部が少し横にはって立ち上がり,高さ20~30cm,数対の葉が対生する。6~8月ごろ,茎の先端に長さ3~8cmの密な花穂を作って青紫色の花をつける。萼は筒状で長さ7~10mm,唇形で上側は平らになってとげ状の3歯がある。花冠は長さ約2cm,立ち上がって上唇はかぶと状になる。花の基部には扁心形の苞がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウツボグサ
うつぼぐさ / 靭草
[学]Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) Hara

シソ科の多年草。茎は直立して高さ10~30センチメートル、基部から横たわるように若枝を出す。葉は対生し、茎の下部につくものは柄があり、卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~5センチメートル、切れ込みの浅い鋸歯(きょし)が少数ある。6~8月、茎の先に短い花穂(かすい)をつくり、密に花をつける。包葉は扁心(へんしん)形、萼(がく)は上が平らな二唇形。花冠は紫色で筒部は上向きとなり、上唇は兜(かぶと)状。下唇は大きく3裂し、前に突き出て鋸歯がある。側片は小さく、外に曲がる。花穂が弓の矢を入れた靭(うつぼ)の形に似ているのでウツボグサという。山野の道端に生え、日本、中国、朝鮮、樺太(からふと)(サハリン)、シベリアに分布する。ウツボグサ属は世界に数種あり、亜寒帯から熱帯の高山まで広く分布している。[村田 源]

薬用

花の咲いたあと、花穂は立ったまま枯れて褐色に変わるので、漢方では枯れた花穂を集めたものを夏枯草(かこそう)といい、消炎、利尿剤として甲状腺(こうじょうせん)肥大、乳腺炎、高血圧症、結膜炎などに用いる。日本では、るいれき(頸部(けいぶ)リンパ節結核)の要薬として有名である。ヨーロッパでは原種P. vulgaris L.とタイリンウツボグサP. grandiflora Jacq.を民間薬として肺結核、胃腸病に用いる。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android