コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツボグサ

3件 の用語解説(ウツボグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウツボグサ

シソ科の多年草北海道〜九州,東アジアの日当りのよい草地にはえる。高さ20〜30cm,葉は対生,長卵形で柄がある。6〜7月,茎の頂に靭(うつぼ)に似た花穂をつけ,濃紫色の唇形(しんけい)花を密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウツボグサ【Prunella vulgaris L.ssp.asiatica (Nakai) Hara】

山や野原の道端や草地に生えるシソ科の多年草(イラスト)。和名は,花序の形を矢を入れる靫(うつぼ)に見たててつけられた。茎は基部が少し横にはって立ち上がり,高さ20~30cm,数対の葉が対生する。6~8月ごろ,茎の先端に長さ3~8cmの密な花穂を作って青紫色の花をつける。萼は筒状で長さ7~10mm,唇形で上側は平らになってとげ状の3歯がある。花冠は長さ約2cm,立ち上がって上唇はかぶと状になる。花の基部には扁心形の苞がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウツボグサ
うつぼぐさ / 靭草
[学]Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) Hara

シソ科の多年草。茎は直立して高さ10~30センチメートル、基部から横たわるように若枝を出す。葉は対生し、茎の下部につくものは柄があり、卵状長楕円(ちょうだえん)形で長さ2~5センチメートル、切れ込みの浅い鋸歯(きょし)が少数ある。6~8月、茎の先に短い花穂(かすい)をつくり、密に花をつける。包葉は扁心(へんしん)形、萼(がく)は上が平らな二唇形。花冠は紫色で筒部は上向きとなり、上唇は兜(かぶと)状。下唇は大きく3裂し、前に突き出て鋸歯がある。側片は小さく、外に曲がる。花穂が弓の矢を入れた靭(うつぼ)の形に似ているのでウツボグサという。山野の道端に生え、日本、中国、朝鮮、樺太(からふと)(サハリン)、シベリアに分布する。ウツボグサ属は世界に数種あり、亜寒帯から熱帯の高山まで広く分布している。[村田 源]

薬用

花の咲いたあと、花穂は立ったまま枯れて褐色に変わるので、漢方では枯れた花穂を集めたものを夏枯草(かこそう)といい、消炎、利尿剤として甲状腺(こうじょうせん)肥大、乳腺炎、高血圧症、結膜炎などに用いる。日本では、るいれき(頸部(けいぶ)リンパ節結核)の要薬として有名である。ヨーロッパでは原種P. vulgaris L.とタイリンウツボグサP. grandiflora Jacq.を民間薬として肺結核、胃腸病に用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウツボグサの関連キーワード犬胡麻金瘡小草立浪草塔花浪来草野原薊昼顔山薄荷鈴香薷蔓夏枯草

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウツボグサの関連情報