ウバユリ(姥百合)(読み)ウバユリ(英語表記)Cardiocrinum cordatum(Lilium cordatum)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバユリ(姥百合)
ウバユリ
Cardiocrinum cordatum(Lilium cordatum)

ユリ科の大型多年草で,本州,四国,九州の山地の林床に生じる。茎は高さ 50~100cmとなり,濃緑色の三角状ハート形の葉を互生する。葉は茎の下部に集ってつく傾向があって,長い柄をもち葉の長さは 15~20cmもあるが,茎の上部につく葉ははるかに小さい。夏に,茎の上部が花序となり,数個の花を横向きにつける。花は緑白色,6枚の花被片から成るらっぱ形で,長さ 10~20cmもある。花後に長さ 5cmほどのずんぐりした円柱状の果実をつける。なお,東北日本から北海道の林中に生じるものはさらに大型で,花も数多く咲き,オオウバユリ C. cordatum var. glehniとして変種に扱われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android