コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバユリ(姥百合) ウバユリ Cardiocrinum cordatum(Lilium cordatum)

1件 の用語解説(ウバユリ(姥百合)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバユリ(姥百合)
ウバユリ
Cardiocrinum cordatum(Lilium cordatum)

ユリ科の大型多年草で,本州,四国,九州の山地の林床に生じる。茎は高さ 50~100cmとなり,濃緑色の三角状ハート形の葉を互生する。葉は茎の下部に集ってつく傾向があって,長い柄をもち葉の長さは 15~20cmもあるが,茎の上部につく葉ははるかに小さい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウバユリ(姥百合)の関連キーワード鹿の子百合車百合笹百合姫早百合姫百合オニユリヤマユリクルマユリナルコユリユウスゲ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone