コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミオウム ウミオウム Aethia psittacula; parakeet auklet

2件 の用語解説(ウミオウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミオウム
ウミオウム
Aethia psittacula; parakeet auklet

チドリ目ウミスズメ科。全長 23cm。ウミスズメに似た小型の海鳥で,頭部と背面が黒褐色,胸以下の下面は白っぽい。夏羽では眼の後方に白色の飾り羽が生じる。嘴は分厚く,繁殖期には赤い。ベーリング海域に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミオウム
うみおうむ / 海鸚鵡
parakeet auklet
[学]Aethia psittacula

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長23センチメートル。頭から上面は黒褐色で、下面は白色。嘴(くちばし)は縦に平たい形をしていて、橙赤(とうせき)色。雌雄同色。ベーリング海周辺の離島の崖地(がけち)で繁殖し、冬にはカリフォルニアや千島列島、日本近海にまで渡る。日本ではごく少数が北日本で冬季にみられるだけである。本種はほかのウミスズメ科の鳥とは異なり、海上低くを飛ぶことはまれで、やや高い位置を直線的に飛ぶことが多い。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミオウムの関連キーワード海烏海雀海鳥白千鳥千鳥目ウミオウム(海鸚鵡)ウミガラス(海烏)ウミスズメ(海雀)ツノメドリ(角目鳥)モグリウミツバメ(潜海燕)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone