コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミオウム Aethia psittacula; parakeet auklet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミオウム
Aethia psittacula; parakeet auklet

チドリ目ウミスズメ科。全長 23~25cm。ウミスズメに似たハトほどの大きさの海鳥。羽色は頭部と背面が黒褐色腹面はほぼ白いが,上胸,脇が黒白のまだら模様になる。は分厚く,下嘴が上にそり上がった独特の形をし,名前はこの嘴に由来する。虹彩は白く,夏羽(→羽衣)では眼の後方から左右それぞれの頸側に伸びた筋状の白い飾り羽がある。冬羽はこの飾り羽がない以外には夏羽とそれほど変わらない。アリューシャン列島などオホーツク海ベーリング海の海域の島で営巣する。繁殖期以外は陸に上がることはない。クラゲや動物プランクトンを食べ,水深 30mほどもぐることが知られている。非繁殖期には繁殖地周辺域を含め,本州北部と北アメリカ北部の西海岸を結ぶ海域以北の北太平洋の海上に広く分布する。日本には北海道の海上に冬鳥(→渡り鳥)として少数が渡来し,伊豆諸島あたりまで観察記録がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミオウム
うみおうむ / 海鸚鵡
parakeet auklet
[学]Aethia psittacula

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長23センチメートル。頭から上面は黒褐色で、下面は白色。嘴(くちばし)は縦に平たい形をしていて、橙赤(とうせき)色。雌雄同色。ベーリング海周辺の離島の崖地(がけち)で繁殖し、冬にはカリフォルニアや千島列島、日本近海にまで渡る。日本ではごく少数が北日本で冬季にみられるだけである。本種はほかのウミスズメ科の鳥とは異なり、海上低くを飛ぶことはまれで、やや高い位置を直線的に飛ぶことが多い。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウミオウムの関連キーワード海雀

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android