コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラル[山脈] ウラル

百科事典マイペディアの解説

ウラル[山脈]【ウラル】

ロシア西部,ユーラシア大陸を南北に走り,歴史的にアジアとヨーロッパの境界をなすとされてきた山脈。長さ約2000km,幅60〜150km。北から極地,沿極地,北部,中部,南部に分けられる。最高点は沿極地ウラルのナーロドナヤ山(1894m)。鉄,銅,ニッケル,クロム,マンガン,石炭,石油,カリ塩など資源豊富。南部ウラルは森林資源にも恵まれ,東西の山麓は重要な工業地帯となっている。
→関連項目ウラル[川]シベリアヨーロッパロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラル[山脈]【Ural】

ロシア連邦西部,ユーラシア大陸北部に位置する顕著な山脈。歴史的にアジアとヨーロッパとの境界とみなされてきた。ただ,ロシアでは〈ウラル山脈〉ではなく,〈ウラル〉と呼ぶのが通例である。ほぼ東経60゜線に沿って南北に,2000km以上にわたって連なる。北は北極海岸に始まり,南はオルスク市とオレンブルグ市を東西に横断するウラル川の線で終わるが,山脈の延長は北方ではノバヤ・ゼムリャ島,南方ではカザフスタン北部の丘陵に続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android