コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウレタン ウレタン urethane

翻訳|urethane

7件 の用語解説(ウレタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウレタン
ウレタン
urethane

広義には,カルバミン酸エステルおよびその置換体の総称 (カルバメート) であるが,狭義には,カルバミン酸エチルエステル H2NCOOC2H5 をさす。柱状晶,融点 49~50℃,催眠作用をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウレタン(〈ドイツ〉Urethan)

カルバミン酸エステル(一般式NH2COOR)の総称。狭義にはカルバミン酸エチル(化学式NH2COOC2H5)をさす。催眠薬に用いられた。
ポリウレタン樹脂やウレタンゴムのこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウレタン

カルバミン酸のエステルをいうが,普通はエチルエステルH2NCOOC2H5(無色の結晶,融点48.2℃,沸点184℃)をさす。水やアルコールによく溶け,溶液は多くの有機物質のよい溶媒になり,殺虫剤や燻蒸剤の溶媒に使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ウレタン

 (1) →カルバミン酸エチル,(2) NH2-COOR.カルバミン酸エステル.カルバミン酸エチルは代表的なもの.催眠薬,麻酔薬などに用いられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウレタン【urethane】

広義にはカルバミン酸エステルH2NCOORおよびそのN‐置換体R′NHCOORの総称であり,カルバメートcarbamateともいう。遊離のカルバミン酸は不安定で存在しないが,エステルになると安定である。ふつうクロロギ(蟻)酸エステルとアンモニアまたは第一アミンとの反応で生成する。また,イソシアン酸エステルとアルコールやフェノールとの反応でも合成できる。一般に結晶性がよく,鎮静・催眠作用をもつものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウレタン【urethane】

カルバミン酸のエステル(H2NCOOR)およびその誘導体の総称。狭義には、カルバミン酸エチル H2NCOOC2H5 をさす。白色粉末で催眠薬として用いられる。
ポリウレタンのこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウレタン
うれたん
urethane

カルバミン酸エステルH2NCOORおよびそのN-置換体の総称の場合と、狭義にはカルバミン酸エチルをいう場合とがある。遊離のカルバミン酸H2NCOOHは実在しないが、そのエステルは安定な化合物として存在する。アルコールあるいはフェノールにクロロシアン、塩化カルバモイルあるいは尿素を反応させて得られる。白色の結晶体で、アルカリの作用でアルコール、二酸化炭素およびアンモニアに分解する。
 カルバミン酸エチルはエチルウレタンともいう。白色の柱状結晶。エタノール(エチルアルコール)と尿素とを加熱するか、炭酸ジエチルあるいはクロロ炭酸エチルにアンモニアを作用させてつくる。水、アルコール、クロロホルムに易溶、エーテルに可溶。催眠作用があるが、習慣性が強いため、現在では催眠薬としては用いられていない。細胞分裂を抑制する作用があり、抗腫瘍剤(こうしゅようざい)として使用される。また殺虫剤、動物用麻酔剤としても用いられる。[山本 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウレタンの関連キーワードアスコルビン酸エステルアスコルビン酸ステアリン酸エステルアルギン酸エステルカルバミン酸カルバミン酸エチルカルバメートカルボン酸エステラーゼビタミンA脂肪酸エステルレチニルエステルカルバミン酸エステル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウレタンの関連情報