コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロボロス ouroboros

翻訳|ouroboros

3件 の用語解説(ウロボロスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ウロボロス【ouroboros】

自分の尾を吞み込んで,円環状になっている竜や蛇。転じて,無限であるさまをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウロボロス【Ouroboros】

自分の尾を嚙んで円形をなす蛇または竜。ギリシア語に由来する。世界創造が全にして一であることを示す象徴図として,天地創成神話やグノーシス派で用いられた。終末が発端に帰る円運動,たとえば永劫回帰や,陰と陽のような反対物の一致など,意味する範囲は広い。錬金術では,宇宙の万物が不純な全一(原物質)から出て変容を重ねた後,純粋な全一(賢者の石)に回帰する,創造・展開・完成と救済の輪を示すのに使用された。【有田 忠郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウロボロス
うろぼろす
ouroboros

自らの尾を噛(か)んで飲み込み円を形づくる蛇または竜のこと。円形は、始めと終わりが一致すること、いいかえれば始めもなく終わりもないことから、完全、永遠、不滅の象徴とみなされ、天地創成神話やグノーシス派で象徴図として用いられた。ケプラーによる楕円(だえん)運動の発見までは、月よりも上の天体は完全な円運動をし、月下界では不完全な直線運動をすると考えられていた。チェーザレ・リーパCesare Ripa(1560ごろ―1620ごろ)の『イコノロジア』によれば、フランチェスコ・バルベリーニFrancesco Barberini(1597―1679)の「永遠」の擬人像は、豊かな金髪を肩まで垂らし、あげた両手に黄金の球を持ち、星をちりばめたドレスを着た女性の姿で表されている。そして、腰から下の大腿部(だいたいぶ)は蛇のように交差して合体し、ウロボロスのように円形をなして彼女自身を包み込んでいる。また、アンドレア・アルチャーティAndrea Alciati(1492―1550)のエンブレム集の中には、「不滅は学術研究を通じて得られる」というモットーを表すエンブレムとして、腰まで裸でひげのないトリトンがほら貝を吹きながら海を漂い、その彼をウロボロスがとりかこむ絵が描かれている。さらに、ユングによれば、錬金術の文献において、われとわが尾を食らい、交合し、孕(はら)ませ、殺し、再生させるウロボロスは、ヘルマフロディトス(ギリシア神話でヘルメスとアフロディテの間に生まれた男と女の両性をもつ息子)として、男と女、太陽と月、ヌース(精神)とピュシス(自然)など対立する二つのものから成っているが、同時にまたこの対立物の合一の象徴でもある。それは一方では死をもたらす毒、バジリスク(息や眼光で人を殺したといわれるギリシア神話の怪獣)にして蠍(さそり)であり、他方では万能薬であり救済者である。[米田潔弘]
『C・G・ユング著、池田紘一・鎌田道生訳『心理学と錬金術』(1982・人文書院)  ▽高橋康也著『ウロボロス、文学的想像力の系譜』(1980・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウロボロスの言及

【円】より

…循環する円は,あらゆる動きを示し,統合と分割,再統合,進化と退化,成長と退行,生と死の過程など永遠の時間の象徴として知られている。 ヘレニズム文化の中で考えられ,さらに錬金術で用いられた永遠の時間を表すものに,自分の尾をかむ蛇の図形があり,ウロボロスと呼ばれている。永遠にみずからをのんで成長を繰り返す循環的な時の経過や,原初的混沌(こんとん),またはあらゆるものを包含する一者を表す象徴として知られ,すべての数,または点の総合として,数の10や八角形ともかかわっている。…

【数】より

… 0は一般に非存在を意味するが,すでにその中にあらゆるものの存在を暗示する場合が多い。全体,混沌,永遠,循環,生と死などを含み,しばしば蛇が自分の尾をかむ象徴的図形(ギリシア,ヘレニズム文化圏ではウロボロスとよばれたもの),あるいはそのバリエーションで表される。 1は存在の始まりであり,精神,点,中心,楽園,神,光,超越者,陰陽の陽,父,男性,積極性などを意味する。…

【竜】より

…ゲルマンの叙事詩《ニーベルンゲンの歌》に登場する英雄ジークフリートも竜を殺す。これらの竜はいずれも無意識・混沌を示す円環的時間(進歩のない歴史)の隠喩であり,ギリシアではみずからの尾を嚙む竜ウロボロスで表された。この永続が破れ,進歩へ向かう歴史(直進的時間)が開始される経緯を表したのが竜殺しのテーマであるといえるかも知れない。…

※「ウロボロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウロボロスの関連キーワード仇をなす尾袋重きをなす自国自腹虎の尾を踏む山をなす竜の鬚を撫で虎の尾を踏む子中をなす信をなす

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウロボロスの関連情報