コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキノコックス症

3件 の用語解説(エキノコックス症の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エキノコックス症

体長3~4ミリの寄生虫エキノコックスが肝臓などに寄生して起こる。主に北半球の寒い地方に多く、潜伏期間が5~10数年と長い。悪化すると死亡する場合もある。自然界では、キツネの体内で成虫が卵をつくりフンと共に排出→虫卵を野ネズミが食べ、体内で幼虫に→野ネズミをキツネが食べて体内に幼虫が入る、といったかたちで循環する。人間はキツネのフンで汚染された山菜や沢水などから感染。犬もキツネと同様に、ネズミを食べて感染する。

(2012-11-26 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エキノコックス‐しょう〔‐シヤウ〕【エキノコックス症】

echinococcosis寄生虫病の一種。エキノコックス属条虫の幼虫が体内の種々の臓器に寄生して起こる難病。犬・野ネズミなどが感染源

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エキノコックス症
エキノコックスしょう

包虫症」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エキノコックス症の関連キーワード寄生虫病エキノコックス家蜱エキノコッカスエキノコッカス症・エキノコックス症血液寄生虫腎虫膵蛭密積効果(寄生虫)寄生虫病 (parasitic disease)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エキノコックス症の関連情報