コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキノコックス症

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エキノコックス症

1930年代に礼文島で初めて流行が確認された寄生虫病。「北海道の風土病」とも言われる。成虫体長3~4ミリ。直径約0・03ミリの虫卵が人の体内に入ると、数年から十数年の潜伏期を経て肝機能障害などを発症し、死亡することもある。道内では年間約20人の患者が出ている。

(2017-03-08 朝日新聞 朝刊 2道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

エキノコックス‐しょう〔‐シヤウ〕【エキノコックス症】

echinococcosis寄生虫病の一種。エキノコックス属条虫の幼虫が体内の種々の臓器に寄生して起こる難病。犬・野ネズミなどが感染源

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エキノコックス症
エキノコックスしょう

包虫症」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エキノコックス症の関連キーワードechinococcosis