コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチレンジアミン ethylene diamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチレンジアミン
ethylene diamine

化学式は NH2CH2CH2NH2塩化エチレンアンモニアから合成される。アンモニア類似の臭いをもつ無色の液体で,沸点 116.5℃,融点 8.5℃。強塩基性で,ベンゼンエーテル不溶。多くの金属イオンに配位して錯体をつくりやすい (配位子としての記号 en) 。微量金属の除去 (特に水銀,カドミウムビスマスなど) や,代表的なキレート試薬として化学分析に用いられる。またキレート滴定希土類元素の分離,微量金属イオンの封鎖剤に使われるエチレンジアミン四酢酸 EDTAの製造原料である。さらにホルムアルデヒド樹脂合成の際の触媒として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチレンジアミン【ethylenediamine】

化学式H2NCH2CH2NH2。1,2‐ジアミノエタンともいう。アンモニアに似た臭いのする無色の液体。融点8.5℃,沸点117.0℃。比重0.898(25℃)。水とは任意の割合でまざり,アルカリ性を示す(塩基解離指数pKb=4.07)。1,2‐ジクロロエタンとアンモニアから合成される。 ClCH2CH2Cl+4NH3  ―→H2NCH2CH2NH2+2NH4Cl二座配位子として種々の金属原子に配位して錯体を作る(配位子として記述する場合にはenの略号が使われる)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチレンジアミン
えちれんじあみん
ethylenediamine

脂肪族アミンの一つ。1,2-ジアミノエタンともいう。アンモニア臭をもつ無色の液体。
 1,2-ジクロロエタンとアンモニアから合成される。強い塩基性をもつ。水、アルコールに易溶、ベンゼン、エーテルに不溶。亜硝酸の作用でエチレンオキシドを与える。二酸化炭素、二硫化炭素と反応して、それぞれエチレン尿素(2-イミダゾリジノン)、エチレンチオ尿素(2-イミダゾリジンチオン)を生成する。代表的なキレート試薬であり、二座配位子(配位子としての記号はen)として、ほとんどすべての金属に配位して錯塩をつくる。分析試薬として、各種金属イオンの定量分析に用いられるほか、医薬品の合成原料ともなる。[山本 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エチレンジアミンの関連キーワードエチレンジアミン四酢酸(データノート)エチレンジアミン(データノート)エチレンジアミンテトラ酢酸アセチルアセトン錯体シス‐トランス異性アルカリ土類金属ニトリロトリ酢酸テオフィリン製剤アミン(化合物)キサンチン誘導体コンプレクサンアミノフィリン有機金属化合物ニトリロ三酢酸ジブロモエタンコンプレキサン重金属拮抗薬シアン化水素キレート効果分光化学系列