コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッセンス エッセンスessence

翻訳|essence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッセンス
essence

香りのもとといった意味。植物や動物の分泌物などから蒸留,温 (冷) 浸などの抽出法により得られる芳香性精油。個々の天然香料名として使用される。食品用の香料では抽出物をアルコールプロピレングリコールに溶かしてある。バニラレモンアーモンドアニス薄荷などのエッセンスは代表的なもので,清涼飲料果実飲料,菓子,たばこなどに使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エッセンス(essence)

本質的なもの。最も大切な要素。精髄。
植物から抽出した香気の高い精油。アルコールに溶かしたもの。化学合成もされる。食品の香り付けに使用。香油。「バニラエッセンス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エッセンス

洋菓子,洋酒,清涼飲料,化粧品,石鹸などに香味をつけるために用いられる天然または人造の精油状芳香物質の総称。天然品ではレモン,オレンジ,ニッケイハッカ,人造品ではバニリンクマリンなどが多く使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

エッセンス

 食品や植物,スパイスなどを水やアルコールで抽出したもので,一般的には濃縮したもの.他の食品の香料にしたり,香りを楽しむ目的に用いる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エッセンス【essence】

本来は芳香をもった油状の植物からの抽出物で,精油と呼ぶこともある。最近は合成品も多く利用されるようになった。代表的な天然エッセンスにはレモンの皮からしぼったレモン油,バニラ豆を破砕してアルコール抽出したバニラ油,バラの花びらを水蒸気蒸留したローズ油などがある。成分としてはエステル類,アルデヒド類,テルペン類などである。またエステル類には果実香をもつものがあるので人工的に合成調合し,バナナ,パイナップルグレープ,メロン,イチゴ,リンゴなどの果実を印象づける香気ベースを作っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エッセンス【essence】

物事の重要な部分。本質。真髄。精髄。
芳香性植物から抽出した香りの成分をアルコールなどに溶かしたもの。香料に用いる。 「バニラ--」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッセンス
えっせんす
essence

植物の種々の部位、たとえば、花、果実、種子、葉茎、根茎、樹皮などの香りのもとになる物質を抽出して得られる精油essential oilを、50~60%のエチルアルコール、あるいは他の食用油脂などに溶解したもので、食品の着香の目的にのみ使われる液体香料である。これらの精油の化学的成分は、抽出するもとの植物、部位によって異なり、エーテル、エステル、アルデヒド、テルペン類、ラクトン類などが混在、結合している、たいへん複雑な組成のものが多い。
 エッセンスには、天然の植物体の精油をアルコールに溶かした天然エッセンスと、これら精油の成分を化学的に分析し、人工的に合成したものをアルコールに溶解してつくった合成エッセンスがある。天然の植物体から精油を抽出する方法には、圧搾法、浸出法、蒸留法があり、植物体の特徴にあわせて最適な抽出法が選定されている。たとえば、果物の精油は圧搾法、バニラビーンズなどは浸出法、ミントや香草スパイス類は蒸留法が用いられている。天然のエッセンスには、バニラ、アーモンド、オレンジ、レモン、ストロベリー、メープル、ミント、アニスなどがあり、合成エッセンスには以上のほかバナナ、コーヒー、チョコレート、ピーチ、パイナップル、メロンなど、実に多くの種類がある。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエッセンスの言及

【実存主義】より

…人間の本来的なあり方を主体的な実存に求める立場。実存existence(existentia)とは現実存在の意であり,元来は中世のスコラ哲学で本質essence(essentia)の対概念として用いられた表現である。例えば,ペーパーナイフの実存といえば,材質や形状がまちまちである個々の具体的な現実のペーパーナイフの存在を意味するが,その本質といえば,この木片もその金属棒もあの象牙細工もいずれもがペーパーナイフであると言える場合の基準の存在を指すことになる。…

【食品香料】より


[食品香料の種類]
 香味別にはかんきつ系,フルーツ系,ビーンズ系,ミント系,ナッツ系,スパイス系,ミルク系,ミート系,調味料,洋酒系,その他に大別されているが,形状としては使途,付香対象食品の性質に応じ,次のように商品化されている。 (1)エッセンス 天然香料,合成香料を数種から数十種調合し(オイルベース),40~60%のアルコールに溶かしたもので,これを1/500~1/100の範囲で水に溶解,分散させた水溶性食品香料。清涼飲料や冷菓に用いる。…

※「エッセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エッセンスの関連キーワードタカーチ:ちょっと新しいこと/piano soloフュージョン[fusion]セロニアス(Jr.) モンクオナージ・アラン ガムスアール マッキンタイヤータイロン ワシントンフランキー ビバリークリス マグレガーフラワーエッセンスリッチ・カジュアルアンドレ オデールフルーツヨーグルトフレーバーミルクエターナルローズバニラエッセンスお目にかかれてエチルバニリンドン エリスペパーミントアロマデュウ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エッセンスの関連情報