コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エトピリカ Fratercula cirrhata; tufted puffin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エトピリカ
Fratercula cirrhata; tufted puffin

チドリ目ウミスズメ科。全長約 35cm。全体暗褐色で,夏羽(→羽衣)では顔が白く,の後方から後ろに伸びて湾曲するよく目立つ黄色の長い房状飾り羽がある。縦に平べったい大きなが特徴的で,色は赤く基部灰褐色。和名は「美しいくちばし」を意味するアイヌ語からきている。脚は橙色冬羽の時期には飾り羽を欠き,顔も黒く,嘴や脚の色もあせている。おもに海上で生活する海鳥で,魚類が主食だが,イカや甲殻類,貝なども食べる。空中から海中に飛び込み,水中ではばたいて泳ぎ,獲物を追いかけて捕まえる。オホーツク海からカムチャツカ半島アリューシャン列島アラスカ半島南部,北アメリカ北部の北太平洋からさらにカリフォルニア州沿岸にまで分布する。日本では北海道南東部の沿岸の崖地や島でごく少数が繁殖する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エト‐ピリカ

《アイヌ語。美しいくちばしの意》ウミスズメ科の海鳥。全長約37センチ。全身が黒く、繁殖期には頭の黄色い飾り羽と赤いくちばしが目立つ。北太平洋に分布。北海道で少数が繁殖。おいらんどり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エトピリカ

ウミスズメ科の鳥。翼長19.5cm,黒色だが,顔にある淡黄色の飾毛が目だつ。くちばしは平らで大きく,繁殖期には角質板を生じ冬は脱落する。ベーリング海〜オホーツク海沿岸や北海道東部の島で繁殖し,草地に穴を掘って1卵を産む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エトピリカ【tufted puffin】

縦に平たいくちばしをもった大型のチドリ目ウミスズメ科の鳥(イラスト)。アイヌ語の〈美しいくちばし〉に由来した名である。ベーリング海周辺,千島列島,北海道,アラスカ南部,カナダ西海岸で繁殖し,冬はやや南へ移動する。日本では北海道の島などで繁殖し,冬は南下して本州北部の海上にもくる。全長約39cm。夏羽では額,眼のまわり,くちばしの根もとは白く,眼の上から房状の黄白色の飾羽が出ている。体の残りの部分は黒い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エトピリカ

〔アイヌ語。くちばしが美しい、の意〕
チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長約40センチメートル。体は黒色だが繁殖期には目の後方から房状の淡黄色の飾り羽が伸び、顔は白色に、くちばしが鮮赤色になる。北太平洋の亜寒帯海域に分布。北海道東部沿岸の繁殖地では1980年代に個体数が激減。絶滅危惧種。おいらんどり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エトピリカ
えとぴりか
tufted puffin
[学]Lunda cirrhata

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長37センチメートル。体は全体が黒褐色で、嘴(くちばし)は縦に平たく体のわりに大きい。夏羽では顔が白色で、眉(まゆ)の部分に黄色の飾り羽が房状に現れる。嘴も橙赤(とうせき)色で鮮やかになり、足も赤いため北海道ではオイランチョウともよばれる。ベーリング海およびオホーツク海の沿岸をはじめ、カリフォルニアから北海道までの太平洋北部の寒流域に分布する。離島などの崖(がけ)の上の草地に1メートルほどの横穴を掘り、1卵を産む。潜水が得意で、数十メートルは潜ることができ、小魚をとらえて食べる。北海道東部の離島で少数が繁殖している。冬季には北海道だけでなく、本州北部の海上でもまれにみられる。「エトピリカ」とはアイヌ語で美しい鼻、美しい嘴の意である。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エトピリカの関連キーワードオイランチョウツノメドリ葉加瀬太郎絶滅危惧種知床半島ユルリ島厚岸湾湯沸岬海馬島花魁鳥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エトピリカの関連情報