コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エノキグサ(榎草) エノキグサ Acalypha australis

2件 の用語解説(エノキグサ(榎草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エノキグサ(榎草)
エノキグサ
Acalypha australis

トウダイグサ科の一年草。東アジアに広く分布し,平地の道端や畑にごく普通にみられる。茎は直立してよく分枝し,高さ 20~40cm,エノキ (榎) に似た葉を互生する。花期は夏から秋で,葉腋から短い柄を出し,その先に小さな穂状花序をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エノキグサ【エノキグサ(榎草) Acalypha australis L.】

日本全土の畑地や路傍に普通にみられるトウダイグサ科の夏緑一年生雑草イラスト)。エノキに似た葉をつけるところから榎草とよばれる。茎は直立し,30~50cmになる。8月ころ,開花。花は単性花で,小さな褐色の雄花が多数集まって穂状の花序をつくり,その基部に緑色の苞葉に包まれた雌花が通常1個つく。この苞葉が編笠に似るところから,アミガサソウともよばれる。属の学名Acalyphaは,〈美をつかんでいない〉という意味で,雌花も雄花も美しい花弁などをもたない風媒花である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエノキグサ(榎草)の言及

【薬用植物】より

…同じ植物がある地域では薬用に利用されるのに,別の地域では無用の場合がある。例えば中国でミゾカクシ(中国名,半辺蓮,キキョウ科)は腫瘍や毒蛇の咬傷に,エノキグサ(中国名,血見愁,トウダイグサ科)は止血剤として,内服されたり外用される。両植物はいずれも日本に自生しているが,日本ではまったく使われていない。…

※「エノキグサ(榎草)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エノキグサ(榎草)の関連キーワードトボシガラニワホコリアキノノゲシ立壺菫スズメノヤリノゲシヤクシソウコニシキソウ(小錦草)コミカンソウ(小蜜柑草)ザクロソウ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone