コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エノキグサ

百科事典マイペディアの解説

エノキグサ

トウダイグサ科の一年草。日本全土,アジアに分布。茎は枝分れして高さ約30cm,柄の長いエノキの葉に似た卵形の葉を互生する。8〜10月,葉腋に細長い花序を出し,上部に雄花,下部に雌花をつける。花序の基部に編笠に似た二つ折りの包葉があるためアミガサソウの名もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エノキグサ
えのきぐさ / 榎草
[学]Acalypha australis L.

トウダイグサ科の一年草。全草に斜上する短毛がある。茎は直立して分枝し、高さ30~50センチメートル。葉は長柄があり、卵形または狭卵形で膜質、長さ3~8センチメートル、幅1.5~3.5センチメートルで、表面と裏面葉脈上に毛がある。花期は8~10月、葉腋(ようえき)の小枝の先に雄花が穂状花序をなし、基部に、心臓形の包葉に包まれた雌花をつける。雄花は小形で萼(がく)は花期に4裂し、雄しべ8本。雌花の萼は3裂する。(さくか)は球形で表面に毛がある。畑や道端にごく普通にみられ、北海道から九州に生え、中国、フィリピンに広く分布している。名はエノキに似た葉形に由来する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エノキグサの関連キーワードトウダイグサ科アカリファ編笠草

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android