コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エノキグサ

百科事典マイペディアの解説

エノキグサ

トウダイグサ科の一年草。日本全土,アジアに分布。茎は枝分れして高さ約30cm,柄の長いエノキの葉に似た卵形の葉を互生する。8〜10月,葉腋に細長い花序を出し,上部に雄花,下部に雌花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エノキグサ
えのきぐさ / 榎草
[学]Acalypha australis L.

トウダイグサ科の一年草。全草に斜上する短毛がある。茎は直立して分枝し、高さ30~50センチメートル。葉は長柄があり、卵形または狭卵形で膜質、長さ3~8センチメートル、幅1.5~3.5センチメートルで、表面と裏面葉脈上に毛がある。花期は8~10月、葉腋(ようえき)の小枝の先に雄花が穂状花序をなし、基部に、心臓形の包葉に包まれた雌花をつける。雄花は小形で萼(がく)は花期に4裂し、雄しべ8本。雌花の萼は3裂する。(さくか)は球形で表面に毛がある。畑や道端にごく普通にみられ、北海道から九州に生え、中国、フィリピンに広く分布している。名はエノキに似た葉形に由来する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エノキグサの関連キーワードトウダイグサ科アミガサソウアカリファ編笠草

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android