コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エベンキ エベンキEvenki

翻訳|Evenki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エベンキ
Evenki

ロシア中東部,東シベリアクラスノヤルスク地方に属する旧自治管区。同地方中部を占める。中心地トゥラー。1977年までエベンキ民族管区。2007年タイムイル自治管区とともにクラスノヤルスク地方に統合された。エニセイ川右岸に広がる中央シベリア台地にあり,南部,中部はそれぞれエニセイ川支流のポドカメンナヤトゥングスカ川ニジニャヤトゥングスカ川の流域に属するが,北東部はラプテフ海に注ぐハタンガ川の流域に入る。人口希薄な森林ツンドラ・タイガ地帯で,1月の平均気温が-40~-30℃に下がる厳しい大陸性気候をもつ。ツングース語に属する言語をもつエベンキ族らが住んでいる。主要産業はトナカイ,キツネ,ウサギ,テンなどの飼育,狩猟で,漁業も行なわれる。森林資源と石炭,鉄鉱,亜鉛,石墨などの鉱物資源があるが,ほとんど未開発である。交通はおもに水運,トナカイのそり,空路による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エベンキ

シベリアと中国北部にわたる広域に住む北方ツングース系の民族。人口約5万人。中国では鄂温克と書く。トナカイ飼育と狩猟・漁労を生業とし,氏族社会をつくっている。宗教はシャマニズム,アニミズムである。
→関連項目内モンゴル自治区エベン黒竜江[省]サハソロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エベンキ【Evenki】

ツングース諸語の一つであるエベンキ語を話す民族。シベリアのエニセイ川左岸から中国北西部にかけて住み、多くはトナカイを飼育する。旧称ツングース。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エベンキの関連キーワードエベンキ(ロシアの地名)ツングース語系諸族エベンキ(民族)ソロン(索倫)族グラズコボ文化エニセイ[川]ツングース諸語ネギダール族フルンボイル扶余(中国)トゥングースオロチョン族ドルガン族ガナサン族オロチョンダフール族ネギダル語ユカギールウイルタ語ソロン族

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android